ホーム / Lifestyle / 伝統 / そろそろ暮らしに日本の「しつらえ」を
そろそろ暮らしに日本の「しつらえ」を

そろそろ暮らしに日本の「しつらえ」を

北欧やアジアもいいけれど、日本の〝本当に良い物〟を日々のちょっとしたシーンに取り入れていってはどうだろう。「持つだけで嬉しくなる」、そんな伝統の技が東京・青山にある。

「お膳立て」されると食事はやっぱり美味しい ~Dining~

休日のゆっくりお昼だって、残業後のお茶漬けだって、こんな「お膳立て」をされると一層美味しく感じるはず。「一人ひとり」もいいものだ。

【黒揃】深さと素材が手になじんで持ちやすい(丸盆・うさぎ貝入り:高岡漆器)丼やお茶漬けにドーンと使いたい(合鹿椀:輪島塗)杯を小皿に。漬物も器次第で一品料理(酒茶:笠間焼)箸だって個性が重要(箸・2入りたまご:若狭塗)

【黒揃】深さと素材が手になじんで持ちやすい(丸盆・うさぎ貝入り:高岡漆器)丼やお茶漬けにドーンと使いたい(合鹿椀:輪島塗)杯を小皿に。漬物も器次第で一品料理(酒茶:笠間焼)箸だって個性が重要(箸・2入りたまご:若狭塗)

トップ画像:【赤揃え】 「紅色」という表現がピッタリ。マットな質感が落ち着きを与える(9寸丸盆:浄法寺塗)花型の口がかわいい(欅・花汁椀:山中漆器)季節に合わせて集める楽しみも(赤絵・椿・そば猪口:伊万里・有田焼)盆と揃いに。料理が映える質感(5寸椿皿:浄法寺塗)シンプルだけど、力強い彫り(堆朱夫婦箸:村上木彫堆朱)


伝統工芸 青山スクエア

〒107-0052

東京都港区赤坂8-1-22 王子ビル1F

TEL:03-5785-1301

http://kougeihin.jp(ネットショップもこちら)

Scroll To Top