ホーム / Lifestyle / 手土産 / 万惣 チェリーコンフィッツ
万惣 チェリーコンフィッツ

万惣 チェリーコンフィッツ

 1846年(弘化3年)、神田須田町に店を構えた万惣。日本で初めてマスクメロンを販売し、果物業界で初めて宮内庁御用達となった、老舗果物店である。
 コンフィッツとは、正確には砂糖漬のこと。ただ、万惣のコンフィッツはシロップ漬。要は、コンポートだ。販売を開始した頃は、フランス語を解する日本人などほとんどいない時代。そのためか、どうやら意味は二の次、「コンポートよりコンフィッツのほうが響きがきれいじゃないか」という理由で命名されたらしい。たしかにコンフィッツという言葉には小じゃれた響きがある。ついでに言うと、瓶も小じゃれている。食べ終えると、キャンディーや小物入れに使う人が多い。そこまで考えて、プラスチックの蓋を付けてある心配りは、さすがだ。
 原材料のアメリカンチェリーは加工用ではなく、生で食べてもおいしい物を使用。グラニュー糖とレモン果汁、キルシュワッサーという、さくらんぼを種ごとつぶして醗酵させて作る蒸留酒の入ったシロップに浸け込む。作ってから1週間ほどで店頭へ並ぶが、さらに1カ月待って、チェリーの味がシロップに浸透してから開けるのがお薦め。食べ頃になるとチェリーが沈んでくるので、分かるはずだ。暑い季節は、シロップのオン・ザ・ロックでやり過ごそう。

ジャンル
果物加工品
季節
例年6月に入荷。売り切れ次第終了
入手困難度
★★★☆☆
最も渡したい相手
舌が肥えている上司
最もお勧めしたい用途
お中元、暑中お見舞い
押さえておきたい条件
開けなければ2年もつので、物が傷みやすく、旅行に行く人も多い夏の贈答には最適だ。
ただ、保存料を使用せず、糖度も低いため、開栓後は生もの同様、カビが生えることがある。それを理解できる食通を選んで贈るべし

万惣
店舗 本店 東京・新丸の内ビルディング店 銀座・松坂屋店
URL www.manso-kanda.co.jp
お問い合わせ ☎ 03-3254-3711(代)
チェリーコンフィッツ 5,040円

文|渡辺麻実 写真|サカモトタカシ

Scroll To Top