ホーム / Lifestyle / 手土産 / 本場ベルギーの味を体験できるパティスリー DEBAILLEULがリニューアル

本場ベルギーの味を体験できるパティスリー DEBAILLEULがリニューアル

 今回のリニューアルで新しくなったのは店内デザインとカフェメニューだ。バレンタインには事前問い合わせがあるほど好評の同ブランドのパッケージ。そのパッケージも含めアートディレクションを担当するベルギー本国のデザイナーが「ブルジョア・ボヘミアン(自由奔放なブルジョアスタイル)」をコンセプトに店内の細部まで質感・色調にこだわって作り上げた。そのこだわり具合は柱に描く絵のため素材をベルギーから取り寄せるほどだ。
 店内に負けず劣らずメニューにも力を入れた。ベルギーから直輸入している商品も多く、信じられないが、繊細で壊れやすいマカロンですらベルギーで作られている。MOF(フランス最優秀職人)に認定されている2人のシェフの、自分たちの味を日本のカスタマーに味わってほしいとの思いからだ。中には鮮度などの問題で輸出入に向かないメニューもある。しかし、グランシェフ、フィリップ・レオーの厳しい指導の下、彼の味を日本で再現することに成功。本国グランシェフの味を丸の内で味わうことができる。新しく加わったデセールメニューは以下の3品。いずれも「ちょうどいい甘さ」で2口、3口と食べ進めてしまうおいしさだ。

■フィユテ ポム
本国で焼き上げ輸入しているパイは、薄くのばした生地のうえにカスタードクリームを塗り、程よい酸味のりんご(ジョナゴールド)が敷きつめられており、冷たいグラスヴァニーユ(アイスクリーム)と一緒に味わう。シャキシャキ感が残ったりんご、パイ、滑らかなアイスとさまざまな食感を同時に感じられる。

■クレームブリュレ
バニラの風味豊かなクレームブリュレの生地の上に砂糖をかけサッと焼いた日本でもおなじみのスイーツ。フィリップはクリームの温度やお皿の深さにまでこだわる。カラメル部分がややしっとりするのが特徴

■オリジナル ガトー
定期的に内容が変わるオリジナル ガトー。写真は「リヌブリアブル」。中央にクレームブリュレを配し、クリスピーライスショコラをあしらっている。


DEBAILLEUL 丸の内オアゾ店
東京都千代田区丸の内1-6-4 オアゾ1F
営業時間:9:00~22:00(L.O.21:30)
問い合わせ:TEL 03-5224-3565
www.debailleul.jp

文:川口奈津子(編集部)

Scroll To Top