ホーム / Interview / BUAISOインタビュー / 松岡 充×鈴木おさむ 「シャレ男の美学」
松岡 充×鈴木おさむ 「シャレ男の美学」

BUAISOスペシャル対談

松岡 充×鈴木おさむ 「シャレ男の美学」

「僕らが初めて会ったのも、こんなバーカウンターでしたね」と今から十数年前の出会いを振り返る、ちょっと意外なコンビ。
「読者の方が見たら、『なぜこのツーショット!? 』と不思議に思うんじゃないかな」と笑い合うのは、松岡 充(ミュージシャン・俳優)と鈴木おさむ(放送作家)……一見、関係性が繋がりにくく思える2人だが、鈴木が手がけたドラマに松岡が出演したことをきっかけに十数年来の親交があるという。
そんな彼らが2014年の締めくくりに、舞台『私のホストちゃん~血闘! 福岡中洲編~』で再タッグを組む。前代未聞の演出が満載のライブエンターテインメントとして話題を集める本作にかける思い、そして、長年各ジャンルの第一線で活躍し続けるエンターテイナーとしての熱き情熱などなど、同年代の男同士が(ノンアルコールで)語り尽くす!!

女性ユーザ50万人超の人気モバイルゲームからドラマ化、そして昨年舞台化された大人気シリーズ『私のホストちゃん』。きらびやかで厳しいホストの世界をコメディタッチで描き、舞台では歌やダンスのほか、実際に観客を口説くといった臨場感あふれるシーンを取り入れ、また現実のホストクラブさながらの「指名制」や「ランキングシステム」を導入し、ファンからのラブ(ポイント)によって日々変動するホストちゃんランキングの結果で公演フィナーレの内容が変わるという観客参加型の演出が女性ファンの心をつかみ、大反響を得た。
今回上演される続編では、舞台を福岡の歓楽街・中洲に据え、主演の松岡を取り巻く19名の個性派ホストたちが、人間ドラマと白熱のランキング争いを繰り広げる。

鈴木 「前回は初の舞台化ということで、僕自身、総合プロデュースの立場でありながら、『いったいどんな展開になるのだろう?』と恐る恐る見ているようなところがあったのですが、いざ幕を開けてみたら、叫ぶ、泣く、騒ぐ、そして抱きつく(!!)などなど、会場でキャストと観客が一緒になって非常に楽しく盛り上がることができました。第2弾となる今回は、そこからさらにグレードアップした内容を目指すべく、まずは主演に松岡さんを起用しようと! ……言い出したのは、実は僕ではないんです(笑)。というのも、もちろん松岡さんは主演の華音(かのん)役のイメージにぴったりで、出演してくれたら嬉しいなと思っていたのですが、その反面、『私のホストちゃん』という強烈な世界に、恐れ多くも彼のようなスターを引きずり込んでしまって本当に良いものか……僕の中で葛藤があったからです。そんな思いを抱えながらの無謀なオファーを、松岡さんは快く引き受けてくださいました。本当にありがとうございます!!」

松岡 「何をおっしゃいますか! 僕こそ、『私のホストちゃん』という人気シリーズに、まさか自分がお声かけしていただけるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。おさむさんは、ドラマ『人にやさしく』(2002年/フジテレビ)で一緒にお仕事をさせていただいてからのお付き合いで、俳優・松岡 充にとっての生みの親であり、育ての親でもある恩人なんです。そんなおさむさんが絶大な信頼をおくチームのもと、今回は自分の新たな可能性にチャレンジしたいと思っています」


舞台『私のホストちゃん~血闘!福岡中洲編~』

19HOST+TITLE_sSTORY

福岡・中洲の老舗ホストクラブ『GALAXY』の門を叩いたのは、東京の病院を脱走してきたおかしな入院患者だった。どうしてこの男が、福岡でホストを……? この物語は、余命半年を宣告されたホスト『華音』が、中洲で仲間と出会い、運命を自ら切り開き、そして2014年の年末……雪の日の夜に華々しく散るまでの物語――。

http://www.hostchan.jp

取材・文|松永理佐(編集部) 撮影|花村謙太朗 

[松岡 充]スタイリング|全 直之 ヘアメイク|平野仁美 <衣裳>Roen / NO.ID 

[鈴木おさむ]スタイリング|SUSIE

Scroll To Top