ホーム / Information / 【速報】映画『欲動』が「Asia star award 2014」最優秀新人監督賞受賞!!

越境し続ける国際派女優でプロデューサーの杉野希妃監督作品

【速報】映画『欲動』が「Asia star award 2014」最優秀新人監督賞受賞!!

杉野希妃 監督

杉野希妃 監督

2010年に主演兼プロデュースした『歓待』(深田晃司監督)が東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞を受賞し、2011年には第24回東京国際映画祭で「アジア・インディーズのミューズ」という特集が組まれ、国内外から脚光を浴び続ける国際派女優でプロデューサーの杉野希妃【『ほとりの朔子』(14)プロデュース・出演/『マンガ肉と僕』(15年公開待機中)監督・出演・プロデュース】による長編劇場初公開作品『欲動』が2014年第19回釜山国際映画祭(期間:2014年10月2日~10月11日(http://www.biff.kr/structure/eng/default.asp)にて映画祭公式イベントでmarie claireと共同主催の「Asia star award 2014」最優秀新人監督賞を受賞!10月4日日夜、釜山市内のホテルで授賞式が開かれた。

【欲動】
杉野希妃が三津谷葉子×斎藤工のW主演を迎え男と女の在り方を描く
生きてゆく女と死にゆく男の想いが交差する時、生と性が交じり合う

無題女優・プロデューサーなどあらゆる枠を超えた表現者・杉野希妃の長編監督劇場初公開作品。バリ島を舞台に繰り広げられる、男女の性愛と人間の生死を描いた物語。男と女の複雑な心理描写を女性監督ならではの繊細なタッチで描く。切なくも美しくダイナミックなベッドシーンは官能的である。ガムラン(東南アジアの民族音楽)による音楽やケチャ(バリ島で行われる男声合唱による呪術的な踊り)などバリ島オールロケシーンは圧巻。2012年のベルリン映画祭で話題になった『動物園からのポストカード』のスタッフも多く参加している。病に苦しむ夫を持ちながらも気丈に振る舞う母性溢れるヒロインを『愛の渦』のOL役が記憶に新しい三津谷葉子が、死への恐怖から不安定になってしまう繊細な夫をフジテレビ系連続ドラマ「昼顏~平日午後3時の恋人たち~」に出演の今もっともセクシーな俳優・斎藤工が演じ、今までのイメージにない儚げな顔を見せさらなる魅力を発揮する。

【欲動】出演:三津谷葉子、斎藤工、杉野希妃、コーネリオ・サニー
製作:キングレコード、クロックワークス/制作プロダクション:和エンタテインメント/配給:太秦/監督:杉野希妃/2014年/日本/シネマスコープ/カラー/ステレオ/97分 ©2014『欲動』製作委員会

杉野希妃プロフィール
1984年広島県生まれ。慶應義塾大学経済学部在学中にソウルに留学。2006年、韓国映画『まぶしい一日』宝島編主演で映画デビューし、続けて『絶対の愛』(キム・ギドク監督)に出演。帰国後2008年に『クリアネス』(篠原哲雄監督)に主演。2010年に主演兼プロデュースした『歓待』(深田晃司監督)が東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞などを受賞した他、100以上の映画祭からオファー殺到。2011年、第24回東京国際映画祭で「アジア・インディーズのミューズ」という特集が組まれ、国内外から脚光を浴びる。第33回ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞、おおさかシネマフェスティバル2012の新人女優賞を受賞。2012年『おだやかな日常』(内田伸輝監督)は釜山国際映画祭でワールドプレミアされた後、ロッテルダム国際映画祭、トライベッカ映画祭などに招待され、沖縄映画祭クリエイターズ・ファクトリー部門で、最優秀ニュークリエーター賞と女優賞、日本映画プロフェッショナル大賞の新進プロデューサー賞を受賞。2013年、台北映画祭で杉野希妃特集が組まれ、出演兼プロデュースした『ほとりの朔子』(深田晃司監督)が第35回ナント三大陸映画祭でグランプリを受賞。2014年には長編初監督兼主演兼プロデュースした『マンガ肉と僕』が東京国際映画祭アジアの未来部門に正式招待され、2015年公開予定。監督第2作の『欲動』が釜山国際映画祭に招待される。また、2014年にはロッテルダム国際映画祭では日本初の審査員、コハマトリエンナーレのスペシャルサポーターを務めた。その他、『sala(仮)』(和島香太郎監督)、『三泊四日、五時の鐘』(三澤拓哉監督)、『群青色の、とおり道』(佐々部清監督)が公開待機中。EU公認のプロデューサーネットワークEAVEのプロデューサーである。


Scroll To Top