ホーム / Column / 日中連環期 / 「メディアを通じて生活向上を図る」ことを目指し、上海で日本語フリーペーパーを発行する日本

「メディアを通じて生活向上を図る」ことを目指し、上海で日本語フリーペーパーを発行する日本

上海に触発されて、中国で起業

片岡 寛氏 (上海天益成広告有限公司 執行総経理)

 1992年から17年連続して2桁台の経済成長率を記録した上海市。2008年に9.7%に下がったとはいえ、世界の状況と比してその成長は著しい。この4月に過去最大規模で開催された上海モーターショーでは、各社とも本国に先駆けて新車発表を行うなど、上海・中国市場を重要視する姿勢が明白となった。10年5月には上海万博の開催も決定しており、7000万人の来場者を見込むという。また、香港に続く上海ディズニーランドも10年に着工が予定されている。
 その上海の勢いをいち早く感じ取り、独自の事業を始めたのが片岡氏である。片岡氏は大企業に勤めた経験がない。大学時代に会社を興し7年間走り続けた。02年、会社を売却して時間とお金を得たことをきっかけに、新たな刺激を求めて3カ月半の世界一周の船旅に出発。その旅で寄港した上海が、彼の人生の航路を中国に向かわせた。「上海への寄港は1泊2日だけだったのですが、94年にインターネットに触れた時のような感動というか刺激がありました。何か得体の知れないもの、ただただ成長していく街、という漠然としたインスピレーションを感じました」。
「上海で何かビジネスをしてみたい」という強い思いから、片岡氏はその年の夏に上海へ再上陸した。2カ月間のリサーチで片岡氏が思いついたものは、日本人向けの日本語フリーペーパー事業であった。「当時、上海で日本人が急増している割に、日本語媒体が2つしかなかったのです。そして物価と比べてその媒体への掲載費用が異常なほど高かったですね」。上海では、当時、肉まんが0.7元、タクシー初乗りが9元に対して、紙媒体への掲載費用は数万元、と大きなギャップがあった。中国では媒体の発行が容易でないため媒体側が強気であり、価格が高くても広告主としては掲載せざるを得ないという売り手市場の状態だったのだ。
 片岡氏は『上海ジャピオン』の名で媒体の発行を始めた。当時主流だった月刊ではなく、当初から週刊で挑戦している。「その当時の中国の媒体は月刊誌が主流で、内容もインタビューや開催後のイベント情報が多かったのです。以前住んでいたニューヨークでの日本語媒体は既に短い発行タームに移行しており、事前告知などの内容も含んでいました。そうした潮流を踏まえて週刊にすべきと判断したのです」。

中国での商習慣と規制は、やってみないと分からない

09年4月に開催された上海モーターショー。森ビルグループが開発した上海の超高層ビル「上海ワールド・フィナンシャル・センター」の94階では世界に先駆けて新型ポルシェ「パナメーラ」の発表会が行われ、話題を呼んだ

 日本で2つの会社を興し、少なからず経営経験があった片岡氏だったが、上海でのビジネスは中国ならではの商習慣の違いが多かった。領収書は政府管理の定型フォーマットを使用しなければならないことや、請求書という概念がなかったことなど、日本では想像のつかないことばかりだったという。また、出版ビジネスを行うためのライセンス取得は困難を極めたそうだ。「でも苦労とは思っていませんでした。中国はそんなものだろうと覚悟していました(笑)。日本での起業経験も問題克服に役立ちました」。
『上海ジャピオン』は、メディアを通じての生活向上を目指し、芸能・スポーツやグルメガイドなど娯楽性の高い記事、ならびに地域密着型の記事の2本柱で構成されている。社員40名が現場へ足を運んで取材し、在上海日本人に対して毎週末の生活提案を続けているのだ。発刊から4年、ますます内容は充実してきた。

今後は中国人向けのメディアを

 中国でも沿岸部でインターネットが普及し、携帯は第3世代(3G)へ突入した。紙媒体以外の展開について片岡氏はアイデアを練っている。「現在、『上海ヴォイス』というネットメディアはすでに展開していますが、本格的に違うデバイス、例えばiPod touchやiPhoneへの展開も考えています。中国人向けメディアもぜひやってみたいです。でも媒体としては、紙とネットをうまく融合させる必要がありそうです」。中国人向けの媒体は多くあるが、日本人が運営するものはほとんどない。
 今後の夢を語ってくれた。「今後数年のうちには、中国に進出している日系企業として、きちんと『成功』したいですね。『成功』の定義は、現地の中国人に知られているサービスかつ、あるカテゴリーでNo.1になっていることです」。そしてブアイソー世代にも海外での挑戦を勧める。「かつてのソニーやホンダが世界に進出したように、日本人に海外に出て戦ってもらいたいです。今後の日本は必ずそうなっていくと思いますし、今がいいタイミングではないでしょうか」。
 日本・中国で起業している片岡氏と話していると、新しいものへの興味に感心する。そして、そのビジネスの嗅覚やアイデアが、人より卓越していると感じる。片岡氏の話には苦労という言葉は出てこない。新たなチャンスにかける前向きな気持ちと、そのチャンスをものにするための綿密なリサーチと努力が伺える。片岡氏の『上海ジャピオン』は北京・広東でも展開が始まっており、日本人による日本人のためのメディア企業が、中国人向けのメディア企業へ脱皮する日はもうすぐかもしれない。今後の片岡氏の挑戦から目が離せない。


仲 智行(なか・ともゆき)
東京大学経済学部卒業後、ソロモンブラザーズアジア証券(現日興シティグループ証券)入社。事業法人70社余りにB/S、P/Lの改善のためのコンサルティング営業に従事。そこで不良債権処理、証券化、デリバティブを用いたリスクヘッジ案件に数多く携わる。その後、中国留学を経て、中国不動産投資ファンド会社にて、本部長として北京オフィス証券化ファンド、PEファンドを手がける。現在、日中双方向での投資・ビジネスコンサルティングを行うZENパートナーズ(株)代表取締役社長

Scroll To Top