ライフスタイル

映画『四十九日のレシピ』岐阜決起集会が行われました

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

四十九日のレシピ岐阜決起集会

約1カ月間にわたった岐阜県ロケで、岐阜県の食に魅了されたというタナダユキ監督(左)と俳優の石橋蓮司氏(右)


11月9日(土)より全国公開が予定されている、永作博美主演の映画『四十九日のレシピ』は、
岐阜県瑞浪市を中心にロケが行われ、岐阜の豊かな自然や地域の魅力が溢れた作品に仕上がっています。

公開に先立ち、ロケ地の岐阜県から全国へと作品の魅力を発信していこうと、
撮影に協力した瑞浪商工課や岐阜フィルムコミッション(岐阜県観光課)などの関係者が集い、
9月20日(金)、岐阜シネックスにて特別上映会と決起集会が行なわれました。

当日は、本作のメガホンをとったタナダユキ監督と出演者を代表して俳優の石橋蓮司氏が会場に駆け付け、
本作の見どころや撮影エピソードなどについて語りました。

また、本編上映後には、ロケ地の瑞浪市や岐阜県観光交流推進局、制作プロデューサーなど、
制作に携わった関係者の挨拶とともに、上映会場に詰めかけた観客とともに気勢を上げ作品の成功を願いました。

|作品紹介|
四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会


熱田家の母・乙美が突然死んだ。娘の百合子は父・良平が心配だからと実家に戻ってくるが、本当は自らの夫との間に問題を抱え、憔悴しきっての帰郷だった。そんな折、百合子と良平の元に派手な服装の不思議女子イモと、日系ブラジル人の青年ハルが現れる。生前の乙美に頼まれ、残された家族の面倒を見にきたのだと言うイモは、乙美がとある「レシピ」を書き残していること、そして四十九日には法要ではなく大宴会をするのが乙美の希望だったということを2人に伝える。
こうして、”四十九日の大宴会“を迎えるまでの、おかしな4人での共同生活が始まるが――。

ヴァン クリーフ&アーペル“ラッキーデイ”

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。

1906年にパリのヴァンドーム広場に創業したハイジュエリーメゾン「ヴァン クリーフ&アーペル」では、
毎年7月7日をラッキーデイとして、全店舗で“Believe in your Luck(幸運を信じて)”をテーマに
サプライズキャンペーンを実施しています。

このラッキーデイを記念したジュエリーショーが7月8日(日)、
名古屋駅のミッドランドスクエア地下1階のアトリウムで行なわれました。

ショーは、リラックス、デイリー、ランデヴー、ナイトの4つのシーンで構成され、
スイムウェアからカクテルドレスまで、様々なファッションとのマッチングを提案。
そして、トークショーでは人気スタイリストの近藤亜子さんが、
ヴァン クリーフ&アーペルの世界観とコーディネートについて解説しました。

特設ランウェイには7名のモデルが登場。ビーズをモチーフにした「ペルレ」コレクションをコーディネートしたスタイルで観客を魅了


会場にはアラン・ベルナールCEOも登場

なお、7月31日(火)まで、ヴァン クリーフ&アーペル全店舗で
『Lucky Day-Believe in Your Luck-』が開催されています。
ラッキーデイを記念した新作ペルレのペンダント&イヤクリップとアルハンブラ タリスマン ウォッチを販売。
購入者には嬉しい特典もあり。詳しくはお近くのショップまでお問い合わせください。

アルハンブラ タリスマン WG 白蝶貝 3,097,500円(税込)

ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク TEL 0570-008202

ドイツジュエラー「NIESSIG」東海地区初の旗艦店がオープン!

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する


こんにちは名古屋スタッフです。

今回ご紹介するのはドイツの「NIESSING(ニーシング)」。
ヘルマン・ニーシングにより1873年に創業した、
135年以上の歴史を持つジュエリーブランドです。

このニーシング、ドイツの造形学校として有名な、
かのバウハウスの理念を受け継ぐコンテンポラリー・ジュエリーブランド。

優れた名品を生み出してきたドイツプロダクトに共通する、
シンプルな造形美を追求するミニマムデザインが、
他のジュエラーとは一線を画しています。

ブランドを代表する「ザ・ニーシングリング」は、
地金のテンションだけでダイヤモンドを支えるという革新的なセッティングスタイル。
数多くのデザイン賞を受賞し、高名な美術館でジュエリーコレクションとして
永久所蔵されているほど。
ダイヤモンドを固定する爪が無く、宙に浮いたデザインは、
ダイヤの持つ輝きを最大化してくれるとも言われています。

ニーシングの独特なデザインを生み出すデザイナーのベレーナさん


さて、前置きが長くなりましたが、
そのニーシングの国内3店舗目となる「ニーシング名古屋」が
2012年4月13日(金)にオープンしました。

東海地区初の旗艦店として、独自のデザイン哲学から生み出される数々のジュエリーや、
名古屋店のオープンに合わせリリースされた名古屋店限定リングなど、
新作商品をいち早く手にすることができるコンセプトショップです。

顧客やメディア関係者など、多くのニーシングファンが詰めかけたオープニングパーティ

 

ニーシングCEOクラウス・カウフォールド夫妻も来日。オープン当日は笑顔で来場客を出迎えました


ニーシングのジュエリーは、熟練のマイスターの手による
モダンプロダクトアート作品といった趣きが感じられます。
とかく名古屋女性は、華美な装飾性を取りざたされることが多いのですが、
このモダンでスマートなジュエリーに魅了される、
名古屋女性が増えるとに期待したいですね。

ニーシング名古屋 
愛知県名古屋市中区栄3-19-17 丸喜ビル1F
TEL 052-265-2149
営業時間:11:00-19:30 定休日:水曜

名古屋店限定発売の「ザ・ニーシング オープンエンド Nagoya エディション」(75万8000円)は、0.7ctのダイヤモンドを、18金の地金のテンションだけで支えるニーシング独自のセッティングによって生まれた、細密なラインとヒューマンな柔らかさを併せ持つキュートなリング

「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」開催!

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。
芸術の秋にピッタリの話題をお届けします。

ジャクソン・ポロック 『インディアンレッドの地の壁画』 (1950年) テヘラン 現代美術館 Tehran Museum of Contemporary Art


 
ジャクソン・ポロック(1912~1956)の生誕100年を記念して
日本初の回顧展が名古屋と東京で開催されます。
 
現在、日本国内に所蔵されている約30点のポロック作品に加え、
ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、テートをはじめ、
世界の名立たる美術館からポロックの重要な作品が集結します。
絵画を中心に、素描、版画を含めて約70点の出品を予定しており、
初期から晩期に至るまでのポロックの仕事の全貌が明らかになります。
 
さらに、制作中のポロックを捉えた貴重な映像や写真。
ポロックのアトリエの原寸大モデルや
彼が使用していた特殊な画材なども併せて展示し、
ポロックの制作の秘密に迫ります。
 
本格的なポロックの個展は世界的に見ても稀有で、
ジャクソン・ポロックという20世紀の伝説的画家の偉業を
振り返る絶好の機会をお楽しみください。

ジャクソン・ポロック 『カット・アウト』 (1948-58年) 大原美術館


 
ジャクソン・ポロック
1912年、米国ワイオミング州コディ生まれ。
床に広げたキャンパスに塗料を即興的に流し込み、
まき散らす独自の作風を確立し一世を風靡する。
ピカソ後の絵画芸術の新しい地平を切り開くとともに、
モダンアートの中心をパリからニューヨークへと移動させる立役者となった。
 
生誕100年 ジャクソン・ポロック展

愛知県美術館
2011年11月11日(金)~2012年1月22日(日)
休館日 月曜、12月28日(水)~1月2日(月)、1月10日(火)
※1月3日(火)は特別開館(開館時間は10:00~18:00)
※ただし、1月9日(月・祝)は開館
開館時間 10:00~18:00 ※金曜は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般=1,400円 高大生=1,000円 中学生以下無料

東京国立近代美術館
2012年2月10日(金)~2012年5月6日(日)
休館日 月曜
※ただし、3月19日・26日、4月2日・4月30日(月)は開館
開館時間 10:00~17:00 ※金曜は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般=1,500円 大学生=1,200円 高校生=800円

「ノリタケの森」が10周年を迎え施設も充実!

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する


 
こんにちは、名古屋スタッフです。
イチョウの葉が色づき、街中でも秋の気配が感じられるようになってきましたね。
 
さて、今回はオフィスタワーが建ち並ぶ名古屋駅エリアにありながら、
都会の喧騒を忘れさせてくれる空間「ノリタケの森」をご紹介します。
 
名古屋市西区に本社を置く老舗の高級陶磁器・研削砥石メーカー
株式会社ノリタケカンパニーリミテド。
そのノリタケ本社の工場跡地に作られた
産業観光施設「ノリタケの森」は、
憩いの場として名古屋駅周辺のビジネスパーソンをはじめ、
広く市民に親しまれています。
 
「ノリタケの森」は公園、ミュージアム、レストラン、ショップなどで構成される複合施設。
歴史ある工場などの建物を残すのに努めたことで、
園内には趣のある赤レンガ造りの建物が並ぶ素敵な空間が広がります。
 
その「ノリタケの森」が今年10周年を迎えました。
10周年を記念して10月4日にはミュージアム3階展示室に
「ディナー皿で辿るノリタケデザインの変遷」を新設。
1904年の会社創立から現在までノリタケが製造してきた
ディナー皿の中から200枚を厳選展示し、
時代と共に移りゆくデザインの変遷を楽しめます。
 

■200枚のディナー皿で構成された展示が圧巻


 
また、9月にはショップ内に新コーナー「マイダイニング」が設置されました。
この「マイダイニング」は、
家庭向けから、ホテルやレストランで使われているプロ仕様の食器までが揃う
トータルコーディネートショップです。
食器類の他にもカトラリーやグラス、リネン類まで食卓を彩るアイテムも充実。
 

■新設されたマイダイニング


 
この他にも、ボーンチャイナの製造工程を間近で見ることができ、
絵付け体験(有料)もできる「クラフトセンター」や
旬の食材を使った欧風創作料理をノリタケ食器で味わうことができる
「レストラン キルン」などの施設が揃っています。
 
この園内を散策しながら、学んだり、体験したり、
お買い物や食事も楽しめる「ノリタケの森」へあなたも秋を見つけに出かけてみませんか。
 
ノリタケの森
愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
TEL:052-561-7290
利用時間:10:00~18:00 (クラフトセンター、森村・大倉記念館は17:00まで、レストランは21:00L.O.ディナーのみ要予約)
休業日:月曜 (月曜が祝祭日の場合は翌日)、年末年始
入園料:無料 (クラフトセンターは大人500円、高校生300円、中学生以下・障害者・65歳以上は無料)

【丸の内ランチ】ANTHEMBLE by My Humble House

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

2009年9月にオープンしたブリックスクエア。
オープンからもう2年も経つなんて早いですね。
さて、今回紹介するのは
そのブリックスクエア3Fの「ANTHEMBLE by My Humble House」。
「アンセンブル・バイ・マイ・ハンブル・ハウス」と読みます。

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」や「mikuni」といった
なかなかお高めのランチメニューがそろうブリックスクエアのレストランですが、
比較的リーズナブルでおいしいシンガポール料理が食べられます。

ここで食べたいのは「海南チキンライス」。
シンガポール料理といえばコレですね。

やわらかく茹でられたとり肉、
茹で汁で炊いたジャスミンライス、サラダとスープがセット。
これだけついて1000円です。
(+400円でチキン大盛り、+100円でライス大盛り!
両方とも大盛りにするとかなり食べ応えあります)

とりのゆで汁で炊いたジャスミンライス。

ゆで鳥は脂が少なくとてもヘルシー。3つのソースはお好みで

下写真に見える3種類のソースは
上から時計回りにダーク醤油、生姜ダレ、チリソース。
テーブルの上にある「海南チキンライスのの旨い食べ方」には
1.そのまま味わう
    ↓
2.ソースで味わう
    ↓
3.ミックスを味わう
とあるのでフル活用しましょう。
3つのソースを混ぜて食べるのも好評のようです。

店内はアジア料理ということもあり
肩ひじ張らなくていいカジュアルな雰囲気。
奥には個室があるので気軽なビジネスランチも可能です。

ANTHEMBLE by My Humble House
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア3F
[月~水]11:00~23:00(L.O.22:00)(ドリンクL.O.22:30)
[木~土・祝前]11:00~翌2:00(L.O.翌1:00)(ドリンクL.O.翌1:30)
[日・祝]11:00~22:00(L.O.21:00)(ドリンクL.O.21:30)
定休日:丸の内ブリックスクエアに準じる

【丸の内ランチ】ISOLA SMERALDA

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

何はともあれ、食欲の秋。
食欲が旺盛になりがちな時期ではありますが、
量に走らず、質にこだわっておいしい料理をいただきたいですね。

さて、今回ご紹介するランチは丸ビル5Fの「ISOLA SMERALDA」。
店内の石窯で焼くナポリピッツァをはじめ、
ナポリ直送の食材を使った料理や豊富な種類のワインが評判のイタリアンです。

平日のランチタイムは11:00~14:00(L.O.)。
コースは金額によって3種類あります。
【1,500円】
・本日の前菜
・本日のピッツァorパスタ(ピッツァ4種、パスタ3種からチョイス)
・ドルチェ
・カフェ
【2,500円】
・本日の前菜とパン
・本日のメインディッシュ
・ドルチェ ・カフェ
【3,500円】
・前菜3種盛り合わせ 又は ミックスサラダ
・本日のピッツァ or パスタ(ピッツァ4種、パスタ3種からチョイス)
・本日の魚料理 or 肉料理(魚2種、肉2種からチョイス)
・ドルチェ盛り合わせ
・カフェ
※平日のランチです。ご注意を!

普段のランチとしては現実的な価格の「A」をセレクト。
2人で訪ねたのでそれぞれ別のものを頼みました。

「豚肉のテリーヌ“コッパロマーナ”サラダ添え」


「ゴルゴンゾーラとトレビスのトマトソースペンネ。
自家製のトマトソースは酸味がしっかり効いています」


「トウモロコシの冷製スープ」


店内の窯で焼かれた「ツナとトウモロコシ、生クリームのピッツァ」。
もちっとした食感は十分に食欲を満たしてくれます


ドルチェ(パンナコッタ)とコーヒーをいただき、ごちそうさまでした

料理の分量は多すぎず少なすぎず。
今回いただいたものに限って言えば、少々、味が濃いので、
ドルチェまでいただけば十分に食欲は満たされます。

テーブル間の距離が近いので仕事の話や相談事、内緒話には不向きですが
自然光がたっぷり入る大きな窓は、開放感があって魅力十分。
午後からの仕事に向けてリフレッシュできます。

東京駅や丸の内のビル群を眺めながら同僚と楽しくランチをいただけば
午後からの業務も頑張れそうですね。

ジャンル
イタリアン
価格
1,500円、2,500円、3,500円
人数
2~4人(半個室があります)
シチュエーション
テーブル間の距離が近いので、相談事や仕事の話はしづらいかも。
同僚と楽しくランチするのにちょうどいい。

白金や二子玉川にグループ店があります

SHOP DATA
東京都千代田区丸の内 2-4-1 丸の内ビルディング5F
TEL:03-5288-6228
www.isola.st/smeralda

アクタスが名古屋に再上陸

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは名古屋スタッフです。

3月5日に輸入デザイン家具の「アクタス名古屋店」がオープンしました。

アクタスは1969年に東京・青山に1号店をオープン。
当時としては珍しいヨーロッパの輸入家具を取り扱い、
モダンインテリアをいち早く日本に紹介する先駆的役割を果たしました。
現在では国内に53店舗を構える企業に成長。

そんなアクタスも、2009年5月に名古屋店を閉め、
一度名古屋の地から離れるという苦い歴史があります。

その当時の名古屋店の印象は、
欧州や北欧系のシンプルなインテリアやライフスタイル雑貨が
スローライフやロハスといった時代の空気感とシンクロし、
名古屋でも感度の高い生活者から広く支持されていました。

時を同じくした、2009年4月号のブアイソーでは、
アクタス代表取締役CEOの休山 昭氏にインタビューを行う機会があり、
インタビュー中「アクタスは止まることなく進化を続ける」といった
強いビジョンを感じとっただけに、
“アクタス名古屋店撤退”の報道を驚きを持って受けとめました。
また、撤退を惜しむ名古屋のアクタスファンも大変多かったようです。

▲アクタス代表取締役CEO 休山 昭氏インタビュー誌面

BUAISO過去記事はこちら

そのアクタスが2年の沈黙を破り、ついに名古屋に戻ってきました。
場所は名古屋駅徒歩10分の名駅南エリア。

今回の新生アクタス名古屋店は、
新ライフスタイルブランド「SLOW HOUSE(スローハウス)」を核にした
ライフスタイル提案型のショップ構成が特徴です。

「SLOW HOUSE」は、東京自由が丘の旗艦店をはじめ、
アクタス直営店の新宿、六甲、大阪空港、京都、心斎橋、福岡に
インショップを展開。今回オープンした名古屋店に続き、
4月には大阪梅田へ出店を予定しています。

そのコンセプトは「丁寧な暮らし」

たとえば、無垢材の家具、手仕事の生活雑貨、安全な食品、
使い続けてきたユーズド家具など、ロングライフで心地よい製品や、
伝統技術、生産地、環境に配慮した素材、フェアトレードといった
ストーリーがある製品を取り扱っています。

さて、オープン前日の3月4日にはプレスをはじめ
関係者、招待客を招き盛大にオープニングパーティーが開かれました。

広々とした店内は、
新ブランド「SLOW HOUSE」を中心にしたインテリア、生活雑貨ゾーンと、
家具を中心に、実際の生活シーンをイメージすることができる
スタイル提案ゾーンに色分けされたショップ構成。

観て回るのにも十分なスペースが確保され、
ゆっくりと時間をかけて家具、インテリア選びが楽しめます。
生活を彩るインテリア雑貨も充実しているので、
カワイイもの好きな女性には堪らないことでしょう。

特に「SLOW HOUSE」は、
無垢の一枚板を使ったテーブルやアンティーク調のメタル椅子など、
北欧を想わせる特徴的なデザインモチーフがを取り入れ、
シンプルだけど無機質に転びすぎていない家具やソファーなど、
長く付き合っていけそうなアイテムが揃います。

この200坪もある店内には遮る柱が1本もありません。
プレスの直海さん曰く、
“アクタスの世界観”を表現するには店内を隔てる柱などは大敵。
今回の名古屋再出店にあたり、物件を探すのに大変ご苦労されたとか。
そのおかげもあり店内をグルっと見渡すことができます。

ところで、この日の招待客には
マンションデベロッパーやハウスメーカー、
施工関係者らが多数招かれていました。

前出のプレスの直海さんに伺ったところ、
アクタス名古屋はショップでもありながら、
ショールーム機能を担っているとのこと。

名古屋駅はJR、名鉄、近鉄、地下鉄が
乗り入れる東海随一の好アクセス立地。
また、大手マンションデベやハウスメーカーの本支店も揃う。

ここなら、東海エリアの住宅メーカーや施工会社の担当者はもちろん
建築士やインテリアコーディネーターなど
住まいのプロたちに実際に商品をその目で確認してもらうことも可能だ。
また、カタログでは分からない商品特性なども
アクタススタッフから直接確認でき、施工の打合せもできる。
もちろん、施工主を同伴してミスマッチを防ぐのにも役立つ。

なるほど! 今回のアクタス名古屋店の再出店には、
“名古屋駅”エリアである必然性があったのではないか!?

などと、自惚れ気味なレポートをしながらも、
先日ほろ酔いで割ってしまったワイングラス(発覚すれば必ず嫁から大目玉を喰らう)を
懸命に探す私でした。

アクタス名古屋店さん、今度グラス買いにいきますからね~。

アクタス名古屋店
名古屋市中村区名駅南1-27-2 日本生命笹島ビル1F
TEL 052-533-6616 営業時間 11:00-19:00 不定休

ミッドランドスクエア「ナイトショッピング&パーティー」

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。

南山大学マスコミ懇談会の会場を後に、向かった先は名古屋駅にあるミッドランドスクエア。

11月13日から始まった「ミッドランドスクエア ブリリアント クリスマス2010」の
前夜祭として開催された「ナイトショッピング&パーティー」を覗いてきました。

B1フロアのアトリウムに設置されたクリスマスツリーを囲み、
ギャラリーの「3、2、1」のカウントダウンコールに合わせイルミネーションが点灯!

大きな拍手と歓声が沸き上がり、ナイトショッピングがスタート。


このナイトショッピングは、
ミッドランド スクエア メンバーズカードプレミアム会員を中心にした招待客限定パーティー。

当日は、B1フロアから3階までを招待客向けに全面開放。
食事やドリンクを楽しみながら、思う存分ショッピングが楽しめるという趣向です。

ナイトショッピングは不定期開催なので、今回はなんと1年3カ月ぶりの開催。
カード会員の中には「待たせすぎよ!」って方も多かったのでは(笑)


ショッピングの際に特別プレゼントや割引を受けることができるとあって、
あっという間にフロアやショップは人の波に埋め尽くされていました。
久しぶりに、名古屋人の購買パワーを垣間見た瞬間でした。

B1アトリウムの特設会場では、スターダストレビューの根本要さんのスペシャルライブや ジャズライブで、大人の時間を演出。

こんなブリリアント(パーティーテーマ)な空気感、お祭り的テンションだと、
ついつい財布の紐も緩くなるみたいです。

どのシップもお客さん対応で大わらわといった盛況ぶり。
ショップスタッフの皆さんは嬉しい悲鳴上げてましたね~。

さて、会場には顔なじみの皆さんもご来場されていました。ちょっとここでご紹介しちゃいます。


いつもお世話になっているジェイアール名古屋タカシマヤ販売促進部のみなさん。
角田さん(左)、ピンが甘くてゴメンナサイ!


広告プランナーの市川さん(左から3人目)と
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋の小野さん(右から3人目)御一行。

名古屋で女性マーケティングといえばこの方。熊谷さん(右)と、
BUAISOの印刷でお世話人なっている大日本印刷の千賀さん。

ご来場のみなさん、ショッピング十分に楽しまれましたか?

ミッドランド スクエア
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
Tel  052-527-8877 www.midland-square.jp

ヴァン クリーフ&アーペルウォッチサロンが名古屋に登場

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

パリ1区にあるヴァンドーム広場は、歴史あるホテル群や高級ブランドのサロンが立ち並ぶことで世界的にも有名。そのヴァンドーム広場22番地にパリ本店を置く『ヴァン クリーフ&アーぺル』(Van Cleef & Arpels)は、フランスの最高級ジュエリーブランドです。1933年に特許を取得した「ミステリー・セッティング」などの高い技術力と品質へのこだわりによって、世界中のマダムを虜にして止みません。モナコ王室からロイヤルワラントを授かっているといえば、ジュエリーにイマイチな男性にも、その由緒正しさがご理解いただけるはずです。

さて、そのヴァンク リーフ&アーペル「名古屋ミッドランド スクエア店」が
装いも新たにウォッチサロンをオープンしたとのことで
さっそく10月21日に行われたオープニングレセプションにお邪魔してきました。

レセプション当日は、顧客を中心にプレス関係者などが招待され
会場は一段と華やかな雰囲気に包まれていました。
ハイジュエリーの持つエナジー効果なのか、
レセプションがスタートする前から招待客はすでにヒートアップ気味。
私もワクワク感で興奮が抑えられません。

長身でハンサムなヴァン クリーフ&アーペル ジャパンのCEOアラン ベルナール氏(左)と名古屋のFMステーション「ZIP-FM」の人気ナビゲーター ケン・マスイさんとのツーショット!

名古屋ミッドランド スクエア店をまとめる林克宗店長は、招待客の素敵な女性たちをスマートにエスコート。学ぶべき点が多い方です。

会場に入ると、さっそくお目当ての新設ウォッチサロンに直行。

正面には長方形の大型ショーケースが設置され
ジュエリー制作のノウハウを凝縮したハイジュエリーウォッチが展示されています。
中央には円形のショーケースが置かれ、四方からじっくりと時計を眺めることができる構造に。
また、バーカウンターを思わせる“ウォッチバー”には、シリーズごとに時計がディスプレイされ
とても見やすい構成という印象を受けました。

こちらがウォッチサロン中央の円形ショーケース。ショーケースを囲んで、みなさんお目当ての時計の品定めに夢中でした。

凝った造型のウォッチバーには、ブランドを象徴する人気モチーフの“アルハンブラシリーズ”などがズラリと並ぶ。

ところで、ヴァン クリーフ&アーペルのウォッチコレクションは、
ジュエリー制作で培ったクラフトマンシップが、余すことなく発揮されたハイジュエリーウォッチです。
特に「Poetry of Time~詩情がつむぎだす時~」というコンセプトから生み出される
ポエティック コンプリケーション腕時計は、まさに時を刻む芸術作品と称されています。

今回、その中でも一番に拝見してみたかったのが、リニューアルオープンを記念して、
日本の店舗で初めて展示される最新作「ポン デ ザムルー」。個人的にも今回の一押しアイテムです。

ラウンドダイヤモンドがセットされたホワイトゴールド38mmケースに、コントルジュール エナメル装飾を施した美しい文字盤が映える。アリゲーターストラップは、バックルにもダイヤモンドをセットしたホワイトゴールドを奢る徹底ぶり。価格も納得の11,760,000円(税込)。

「恋人たちの橋」という名前がつけられたとおり、
恋人たちが橋の上で時を刻む様を、そのまま時計の文字盤に映した腕時計。
男性が分を刻み、女性が時間を刻む。
そして深夜12時にようやく橋の中央で出会い、1分間のキスを交わす。
何ともロマンチックなストーリーが展開される腕時計です。

しかし、機械式腕時計好き男子としては、宝飾技術の素晴らしさはもちろんのこと、
針が一瞬にして反復運動する「レトログラドール式」に正直目を奪われっぱなしでした。
この複雑時計の真骨頂ともいえる技術を兼ね備えている点で、
ヴァン クリーフ&アーペルの時計に対する取り組みが、“超”が付く本物の証だと納得しないわけにはいきません。
ぜひあなたの目で、このレトログラドールの針がジャンプする様をご覧いただきたいものです。

こちらは、オープニングレセプションにゲストスピーカーとして登場した女優の長谷川理恵さん。

ブランド腕時計専門サイト「Gressive」で時計コンシェルジュを務める篠田哲生さんとの時計談議では、普段メディアなどではなかなか伺うことのできない長谷川さんのプライベートな一面を垣間見ることができ、私を含め来場者の皆さんにとっては、ハイジュエリーと共にとても満足な一夜となったのではないでしょうか。

当日はもちろんヴァン クリーフ&アーペルのジュエルを身につけて登場。長谷川さんは機械式時計がお好きで、その造詣の深さには脱帽です。


ヴァン クリーフ&アーペル 名古屋ミッドランド スクエア店 ウォッチサロン

愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1  名古屋ミッドランド スクエア1F
Tel  052-587-1960
www.vancleefarpels.com

最近のエントリー/Recent Entries

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031