ME

ファッションデザイナー丸山敬太氏トークショー

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは、名古屋スタッフです。
ちょっと気になる講座をご紹介します。

名古屋のシティホテル「ウェスティンナゴヤキャッスル」(名古屋市西区)では、
創造的で洗練されたサービスを目指し、
第一線で活躍するアーティストを招いたプレミアム講座
「Castle University」をスタートします。

第1回のゲスト講師は、
世界的に活躍するファッションデザイナーの丸山敬太氏。
丸山敬太氏はDREAMS COME TRUEなどのステージ衣装などを手掛け、
1994年の秋冬東京コレクションで自らのブランド「KEITA MARUYAMA」をスタート。
今もっとも活躍が期待されるファッションデザイナーの1人です。

当日はタレントのMEGUMIさんが司会を務めるという豪華なキャスティング。
料理を楽しみながらのリラックスした雰囲気の中、
トップクリエイターの優れた才能に触れてみてはいかがでしょうか。

ウェスティンナゴヤキャッスル
愛知県名古屋市西区樋の口町3-19
日時:11月26日(土) ディナー 18:00~ トーク 19:15~
会場:天守の間
料金:15,000円(ディナー・ドリンク・税・サービス料込)
イベント予約係 TEL:052-521-2121

秋の東海グルメイベント

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは名古屋オフィスです。

間近に迫った東海エリアのグルメイベントを2つ紹介します。



1.名古屋グルメ選手権「NAGO-1グランプリ」開催!

名古屋市中区の「栄ミナミ」は、デパートやハイブランドなどが集積する人気の商業エリア。

この栄ミナミエリアのにぎわいと文化の創造を目的に、
2011年10月14日(金)~23日(日)の10日間、名古屋グルメ選手権「NAGO-1グランプリ」が開催されます。
これは、名古屋の食の魅力の発見と地産池消をテーマにした食のイベントです。

会場の矢場公園には、名古屋名物台湾ラーメンや手羽先でも有名な台湾料理の味仙をはじめ、
ユニークな名古屋グルメを提供する28店舗のブースが並びます。

参加方法はいたってシンプル。
会場で投票券付きのNAGO-1チケット(1枚1,000円)を購入し、あなたが食べたメニューの中から、
もっともおいしいと思った名古屋グルメに投票するというもの。

もしかすると、あなたが選んだメニューが新たな名古屋グルメとして
全国区の地域グルメに選ばれる日が来るかもしれませんよ~?

詳しくはNAGO-1グランプリにアクセス!

2.第25回「岐阜県農業フェスティバル」開催!

2011年10月22日(土)、23日(日)の2日間、岐阜県庁周辺(岐阜市薮田南)で
「岐阜県農業フェスティバル」が開催されます。

このイベントは、岐阜県内で作られた農産物、畜産物や特産品が
一堂に会する岐阜県内最大級の「食」と「農」のイベントです。

旬の野菜や果物、加工食品など岐阜県内の農産物を即売する「地域特産品コーナー」や
地域の食材を活かした料理の試食・販売が楽しめる「ひだ・みの屋台横町」、
岐阜県が推進する農業の「6次産業化コーナー」などの展示・販売ブースが並びます。

当日は「親子ふれあいスポーツ体験教室」や「森と木とのふれあいフェア2011」なども開催されるので、
親子で食に対して考えるのにいい機会といえます。

詳しくは岐阜県農業フェスティバル実行委員会にアクセス!

岐阜県恵那市のおんさい工房が6次産業として開発した日本大正村の無添加とまとジュースと明智町のリンゴジュースも購入できる

「栄でぎふを味わおう」キャンペーンがスタート!

  • Posted by Editor’s Desk on 2011/07/19/ 10:58
  • 未分類
  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

岐阜の名産「飛騨牛」を使ったメニュー


岐阜の自然で育った食材などを使って岐阜県の観光PRを行う
「栄でぎふを味わおう」キャンペーンが
今年も名古屋栄エリアにある人気ショップとコラボして開催されています。

参加店はこちら

岐阜の魅力を、おいしい食材やモノづくり体験を通して、
目一杯楽しんでもらおうというこのキャンペーン。
会期は2011年7月16日(土)から8月7日(日)の23日間。

キャンペーン開始前日の7月15日(金)には、メディアを招いたオープニング会見が
料亭「蔦茂」(愛知県名古屋市中区栄)で行われました。

応援に駆け付けた古田知事(左)と料亭蔦茂の深田氏は岐阜の地酒で祝杯!


当日は、古田肇岐阜県知事も会場を訪れ、岐阜の食材の魅力を活かした料理の試食と
東濃地区の地歌舞伎の舞を披露して、メディアに向けた観光PRに努めました。

この「ぎふを味わおう」キャンペーンは、名古屋を皮切りに、
9月に大阪、11月には東京でも開催予定。

「ぎふを味わおう」キャンペーン

アクタスが名古屋に再上陸

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは名古屋スタッフです。

3月5日に輸入デザイン家具の「アクタス名古屋店」がオープンしました。

アクタスは1969年に東京・青山に1号店をオープン。
当時としては珍しいヨーロッパの輸入家具を取り扱い、
モダンインテリアをいち早く日本に紹介する先駆的役割を果たしました。
現在では国内に53店舗を構える企業に成長。

そんなアクタスも、2009年5月に名古屋店を閉め、
一度名古屋の地から離れるという苦い歴史があります。

その当時の名古屋店の印象は、
欧州や北欧系のシンプルなインテリアやライフスタイル雑貨が
スローライフやロハスといった時代の空気感とシンクロし、
名古屋でも感度の高い生活者から広く支持されていました。

時を同じくした、2009年4月号のブアイソーでは、
アクタス代表取締役CEOの休山 昭氏にインタビューを行う機会があり、
インタビュー中「アクタスは止まることなく進化を続ける」といった
強いビジョンを感じとっただけに、
“アクタス名古屋店撤退”の報道を驚きを持って受けとめました。
また、撤退を惜しむ名古屋のアクタスファンも大変多かったようです。

▲アクタス代表取締役CEO 休山 昭氏インタビュー誌面

BUAISO過去記事はこちら

そのアクタスが2年の沈黙を破り、ついに名古屋に戻ってきました。
場所は名古屋駅徒歩10分の名駅南エリア。

今回の新生アクタス名古屋店は、
新ライフスタイルブランド「SLOW HOUSE(スローハウス)」を核にした
ライフスタイル提案型のショップ構成が特徴です。

「SLOW HOUSE」は、東京自由が丘の旗艦店をはじめ、
アクタス直営店の新宿、六甲、大阪空港、京都、心斎橋、福岡に
インショップを展開。今回オープンした名古屋店に続き、
4月には大阪梅田へ出店を予定しています。

そのコンセプトは「丁寧な暮らし」

たとえば、無垢材の家具、手仕事の生活雑貨、安全な食品、
使い続けてきたユーズド家具など、ロングライフで心地よい製品や、
伝統技術、生産地、環境に配慮した素材、フェアトレードといった
ストーリーがある製品を取り扱っています。

さて、オープン前日の3月4日にはプレスをはじめ
関係者、招待客を招き盛大にオープニングパーティーが開かれました。

広々とした店内は、
新ブランド「SLOW HOUSE」を中心にしたインテリア、生活雑貨ゾーンと、
家具を中心に、実際の生活シーンをイメージすることができる
スタイル提案ゾーンに色分けされたショップ構成。

観て回るのにも十分なスペースが確保され、
ゆっくりと時間をかけて家具、インテリア選びが楽しめます。
生活を彩るインテリア雑貨も充実しているので、
カワイイもの好きな女性には堪らないことでしょう。

特に「SLOW HOUSE」は、
無垢の一枚板を使ったテーブルやアンティーク調のメタル椅子など、
北欧を想わせる特徴的なデザインモチーフがを取り入れ、
シンプルだけど無機質に転びすぎていない家具やソファーなど、
長く付き合っていけそうなアイテムが揃います。

この200坪もある店内には遮る柱が1本もありません。
プレスの直海さん曰く、
“アクタスの世界観”を表現するには店内を隔てる柱などは大敵。
今回の名古屋再出店にあたり、物件を探すのに大変ご苦労されたとか。
そのおかげもあり店内をグルっと見渡すことができます。

ところで、この日の招待客には
マンションデベロッパーやハウスメーカー、
施工関係者らが多数招かれていました。

前出のプレスの直海さんに伺ったところ、
アクタス名古屋はショップでもありながら、
ショールーム機能を担っているとのこと。

名古屋駅はJR、名鉄、近鉄、地下鉄が
乗り入れる東海随一の好アクセス立地。
また、大手マンションデベやハウスメーカーの本支店も揃う。

ここなら、東海エリアの住宅メーカーや施工会社の担当者はもちろん
建築士やインテリアコーディネーターなど
住まいのプロたちに実際に商品をその目で確認してもらうことも可能だ。
また、カタログでは分からない商品特性なども
アクタススタッフから直接確認でき、施工の打合せもできる。
もちろん、施工主を同伴してミスマッチを防ぐのにも役立つ。

なるほど! 今回のアクタス名古屋店の再出店には、
“名古屋駅”エリアである必然性があったのではないか!?

などと、自惚れ気味なレポートをしながらも、
先日ほろ酔いで割ってしまったワイングラス(発覚すれば必ず嫁から大目玉を喰らう)を
懸命に探す私でした。

アクタス名古屋店さん、今度グラス買いにいきますからね~。

アクタス名古屋店
名古屋市中村区名駅南1-27-2 日本生命笹島ビル1F
TEL 052-533-6616 営業時間 11:00-19:00 不定休

ぎふを味わおうキャンペーン

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。

豊かな自然で育った食材や、オリジナリティ溢れるモノを通して、
岐阜の観光PRを行う “ぎふを味わおう”キャンペーンが現在名古屋の栄で行われています。

名古屋の人気エリア「栄」と「岐阜」がコラボレートする、この“栄でぎふを味わおう”キャンペーンは、
栄エリアにある飲食店や物販店で、「たべる」「ふれる」「みる」など、岐阜を五感で楽しんでももらおうという、
体感型キャンペーンです。

キャンペーン初日には、キャンペーン参加店の名古屋市中区栄3丁目にある老舗料亭「蔦茂(つたも)」へ、
古田肇 岐阜県知事が激励に駆けつけました。

キャンペーン取材中の報道陣を前にした古田岐阜県知事からは、
「岐阜県内の施設には愛知からの来場者が増えています」と前置きをした上で、
「食を通して愛知の人に、もっと岐阜の魅力を感じてもらいたいですね」と、
その心情を、岐阜県民を代表し言葉にしていました。

その後、キャンペーンの盛り上げ役を自ら買って出て
岐阜県の食材の魅力について、丁寧に説明していたのがとても好印象でした。

続いて、キャンペーン参加店を代表し、
「蔦茂」の3代目、岐阜県海津郡出身の深田正雄社長(右)も、
「家族と共に過ごす岐阜での時間が、私にとってなによりの癒し」と岐阜の良さを後押し。

その「蔦茂」では、飛騨牛など、岐阜県の食材をふんだんに使った昼会席
『つたも・ひる会席“ぎふを味わおう”』6,300円(税・サービス料込み)を
キャンペーン期間中の12月6日まで提供してくれます。

甘みがあり、コリコリとした歯ごたえの加茂郡川辺町のしいたけをはじめ、
岐阜の食材13品を使った10種類の献立を味わえます。

今回、特別に試食をさせていただきましたが、
その中から、特に印象に残った2品をご紹介しましょう。

加茂郡川辺町のしいたけに栗麩旨煮、紅葉麩を詰め、関市の竹の子を添えた炊合わせ

中津川産のチコリに飛騨牛、ふかひれ、なすをのせた替わり物

飛騨牛はチコリの船に乗せたまま、一口でパクリといくと
口の中にチコリのシャキシャキ感と飛騨牛の旨みが広がります。

「岐阜県を味わってるー!」と実感しますよ。

この会席料理を手掛けた大道寺 宏樹副料理長(左)は、
「この機会に、岐阜県産の食材が持つ、素材の旨みを味わってください」と、
岐阜の食材に対する感謝の想いを料理に込めて愛知の皆さんに届けたいと語っていました。

このキャンペーンは、栄エリアの参加店30店舗で12月6日まで行われます。
参加店が気になる方はこちら

岐阜県の食材を通して、この機会に多くの皆さんに岐阜に興味を持ってもらえるといいですね。

“ぎふを味わおう”キャンペーン www.gifuaji.jp
※次回は大阪で開催予定(2011年1月25日~2月15日)。

ミッドランドスクエア「ナイトショッピング&パーティー」

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。

南山大学マスコミ懇談会の会場を後に、向かった先は名古屋駅にあるミッドランドスクエア。

11月13日から始まった「ミッドランドスクエア ブリリアント クリスマス2010」の
前夜祭として開催された「ナイトショッピング&パーティー」を覗いてきました。

B1フロアのアトリウムに設置されたクリスマスツリーを囲み、
ギャラリーの「3、2、1」のカウントダウンコールに合わせイルミネーションが点灯!

大きな拍手と歓声が沸き上がり、ナイトショッピングがスタート。


このナイトショッピングは、
ミッドランド スクエア メンバーズカードプレミアム会員を中心にした招待客限定パーティー。

当日は、B1フロアから3階までを招待客向けに全面開放。
食事やドリンクを楽しみながら、思う存分ショッピングが楽しめるという趣向です。

ナイトショッピングは不定期開催なので、今回はなんと1年3カ月ぶりの開催。
カード会員の中には「待たせすぎよ!」って方も多かったのでは(笑)


ショッピングの際に特別プレゼントや割引を受けることができるとあって、
あっという間にフロアやショップは人の波に埋め尽くされていました。
久しぶりに、名古屋人の購買パワーを垣間見た瞬間でした。

B1アトリウムの特設会場では、スターダストレビューの根本要さんのスペシャルライブや ジャズライブで、大人の時間を演出。

こんなブリリアント(パーティーテーマ)な空気感、お祭り的テンションだと、
ついつい財布の紐も緩くなるみたいです。

どのシップもお客さん対応で大わらわといった盛況ぶり。
ショップスタッフの皆さんは嬉しい悲鳴上げてましたね~。

さて、会場には顔なじみの皆さんもご来場されていました。ちょっとここでご紹介しちゃいます。


いつもお世話になっているジェイアール名古屋タカシマヤ販売促進部のみなさん。
角田さん(左)、ピンが甘くてゴメンナサイ!


広告プランナーの市川さん(左から3人目)と
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋の小野さん(右から3人目)御一行。

名古屋で女性マーケティングといえばこの方。熊谷さん(右)と、
BUAISOの印刷でお世話人なっている大日本印刷の千賀さん。

ご来場のみなさん、ショッピング十分に楽しまれましたか?

ミッドランド スクエア
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
Tel  052-527-8877 www.midland-square.jp

南山大学マスコミ懇談会

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

こんにちは。名古屋スタッフです。

先日、南山大学の「2010年度南山大学マスコミ懇談会」にお招きいただきいただきました。

この懇談会は、マスコミ関係者を招いて情報交換と交流を深めることを目的に毎年開催されています。

最初に、南山大学について簡単にご説明しましょう。
南山大学は、共学の大学として中部地区で唯一のカトリック大学。

設立母体になった神言会の宣教師ヨゼフ・ライネルスが、1932年に南山中学校(旧制)を設立。
1946年に南山外国語専門学校を開設、その後1949年に南山大学となりました。
同じカトリック系大学として上智大学とは姉妹校の関係です。

東海エリアでは珍しい小中高大の一貫教育校で、
小学校から南山の門をくぐらせたいと願う、教育熱心なお父さん、お母さんも多いようです。

開会はもちろん学長のミカエル・カルマノ氏の挨拶からスタート。

カルマノ学長は「個の力を、世界の力に」をテーマにグランドデザインを説明。
20年後の将来像を見据えた取り組みの推進を力強く掲げられました。

ところで、カルマノ学長は2008年就任の際、
BUAISOの表紙を飾っていただきました。
当時のBUAISOがこちら。

ドイツ生まれのカルマノ学長。
スタイリストが用意したミラ・ショーンのスーツをこんなにカッコよく着こなしてくれました。
表紙のVゾーンはもちろんカルマノ学長の胸元のアップ♪

続いて総務・将来構想担当副学長の野呂昌満氏から、
基本姿勢、国際化の強化、研究・教育など南山大学の現状と将来構想を発表。
南山大学の取り組みを詳しく知りたい方は、南山大学ホームページ「プレスリリース」などをご覧ください。

さて、懇談会の後に行われた懇親会の模様もご報告。
この日集まったテレビ局や新聞社など、名古屋のマスコミ各社の皆さん。

出席者リストを見てみると、そのほとんどが南山大学の卒業生。
南山大学はマスコミ業界への人材輩出率が高いことを実感します。

懇談会で将来構想を説明された野呂副学長(右)と、
ジェイアール東海エージェンシーの小木曽さんとのツーショット


今年南山大学からジェイアール東海エージェンシーに入社したフレッシュな関谷さん。
いつもキュートな笑顔に癒されます。


こちらはお世話になっている学長室の若林さん(左)と
アド近鉄のプロモーションチーフディレクターの牧野さん。
カルマノ学長をBUAISO表紙にご推薦していただいたお二人です。

実は、若林さんもFM局にお勤めされていた元マスコミ関係者。
南山大学が時代の変化に柔軟に対応し、進化を止めないのは、
若林さんのように、さまざま経験・スキルを持つ人材を有しているからではないでしょうか。

これからも次代を担う逸材を育て、全国に輩出してもらえることを楽しみにしています。

ヴァン クリーフ&アーペルウォッチサロンが名古屋に登場

  • この記事についてTwitterでつぶやく
  • はてなブックマーク
  • livedooreブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahooブックマーク
  • Facebookブックマーク
  • 印刷する

パリ1区にあるヴァンドーム広場は、歴史あるホテル群や高級ブランドのサロンが立ち並ぶことで世界的にも有名。そのヴァンドーム広場22番地にパリ本店を置く『ヴァン クリーフ&アーぺル』(Van Cleef & Arpels)は、フランスの最高級ジュエリーブランドです。1933年に特許を取得した「ミステリー・セッティング」などの高い技術力と品質へのこだわりによって、世界中のマダムを虜にして止みません。モナコ王室からロイヤルワラントを授かっているといえば、ジュエリーにイマイチな男性にも、その由緒正しさがご理解いただけるはずです。

さて、そのヴァンク リーフ&アーペル「名古屋ミッドランド スクエア店」が
装いも新たにウォッチサロンをオープンしたとのことで
さっそく10月21日に行われたオープニングレセプションにお邪魔してきました。

レセプション当日は、顧客を中心にプレス関係者などが招待され
会場は一段と華やかな雰囲気に包まれていました。
ハイジュエリーの持つエナジー効果なのか、
レセプションがスタートする前から招待客はすでにヒートアップ気味。
私もワクワク感で興奮が抑えられません。

長身でハンサムなヴァン クリーフ&アーペル ジャパンのCEOアラン ベルナール氏(左)と名古屋のFMステーション「ZIP-FM」の人気ナビゲーター ケン・マスイさんとのツーショット!

名古屋ミッドランド スクエア店をまとめる林克宗店長は、招待客の素敵な女性たちをスマートにエスコート。学ぶべき点が多い方です。

会場に入ると、さっそくお目当ての新設ウォッチサロンに直行。

正面には長方形の大型ショーケースが設置され
ジュエリー制作のノウハウを凝縮したハイジュエリーウォッチが展示されています。
中央には円形のショーケースが置かれ、四方からじっくりと時計を眺めることができる構造に。
また、バーカウンターを思わせる“ウォッチバー”には、シリーズごとに時計がディスプレイされ
とても見やすい構成という印象を受けました。

こちらがウォッチサロン中央の円形ショーケース。ショーケースを囲んで、みなさんお目当ての時計の品定めに夢中でした。

凝った造型のウォッチバーには、ブランドを象徴する人気モチーフの“アルハンブラシリーズ”などがズラリと並ぶ。

ところで、ヴァン クリーフ&アーペルのウォッチコレクションは、
ジュエリー制作で培ったクラフトマンシップが、余すことなく発揮されたハイジュエリーウォッチです。
特に「Poetry of Time~詩情がつむぎだす時~」というコンセプトから生み出される
ポエティック コンプリケーション腕時計は、まさに時を刻む芸術作品と称されています。

今回、その中でも一番に拝見してみたかったのが、リニューアルオープンを記念して、
日本の店舗で初めて展示される最新作「ポン デ ザムルー」。個人的にも今回の一押しアイテムです。

ラウンドダイヤモンドがセットされたホワイトゴールド38mmケースに、コントルジュール エナメル装飾を施した美しい文字盤が映える。アリゲーターストラップは、バックルにもダイヤモンドをセットしたホワイトゴールドを奢る徹底ぶり。価格も納得の11,760,000円(税込)。

「恋人たちの橋」という名前がつけられたとおり、
恋人たちが橋の上で時を刻む様を、そのまま時計の文字盤に映した腕時計。
男性が分を刻み、女性が時間を刻む。
そして深夜12時にようやく橋の中央で出会い、1分間のキスを交わす。
何ともロマンチックなストーリーが展開される腕時計です。

しかし、機械式腕時計好き男子としては、宝飾技術の素晴らしさはもちろんのこと、
針が一瞬にして反復運動する「レトログラドール式」に正直目を奪われっぱなしでした。
この複雑時計の真骨頂ともいえる技術を兼ね備えている点で、
ヴァン クリーフ&アーペルの時計に対する取り組みが、“超”が付く本物の証だと納得しないわけにはいきません。
ぜひあなたの目で、このレトログラドールの針がジャンプする様をご覧いただきたいものです。

こちらは、オープニングレセプションにゲストスピーカーとして登場した女優の長谷川理恵さん。

ブランド腕時計専門サイト「Gressive」で時計コンシェルジュを務める篠田哲生さんとの時計談議では、普段メディアなどではなかなか伺うことのできない長谷川さんのプライベートな一面を垣間見ることができ、私を含め来場者の皆さんにとっては、ハイジュエリーと共にとても満足な一夜となったのではないでしょうか。

当日はもちろんヴァン クリーフ&アーペルのジュエルを身につけて登場。長谷川さんは機械式時計がお好きで、その造詣の深さには脱帽です。


ヴァン クリーフ&アーペル 名古屋ミッドランド スクエア店 ウォッチサロン

愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1  名古屋ミッドランド スクエア1F
Tel  052-587-1960
www.vancleefarpels.com

最近のエントリー/Recent Entries

2020年7月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031