ホーム / Special / なにげない一日を、トクベツな日に ~「MID DAY」誕生~
なにげない一日を、トクベツな日に ~「MID DAY」誕生~

なにげない一日を、トクベツな日に ~「MID DAY」誕生~

7月2日は何の日?

 7月2日は、元旦から182日、大晦日まで同じく182日、1年のちょうど真ん中の日「MID DAY(ミッドデイ)」だ。これまで、とりわけ何でもない1日であったこの日を「MID DAY」と名づけて特別な日にしたのは、「Tokyo Midtown Award 2013 デザインコンペ」での応募作品。7月2日を「1年の真ん中を笑顔で祝う日に」というコンセプトのもと、これまでの半年を振り返り、これからの半年を想う1日にすることを提案した、デザイナー集団「bivouac(ビバーク)」の作品だ。
 去る7月2日に東京ミッドタウンで初めて開催された「MID DAY」イベントで、アート・デザイン化された「一日(ワンデイ)」に出会った――。

東京ミッドタウンの広大な芝生広場でのメインインベント「MID DAY Ribbon」。カラフルなリボンには、来場者それぞれのこれから半年の目標や祈願が書き記されている

東京ミッドタウンの広大な芝生広場でのメインインベント「MID DAY Ribbon」。カラフルなリボンには、来場者それぞれのこれから半年の目標や祈願が書き記されている

1年の折り返し地点を笑顔でスタートできるよう企画されたオペラやダンスなどの様々なサプライズイベントは、来場者をハッピーに

1年の折り返し地点を笑顔でスタートできるよう企画されたオペラやダンスなどの様々なサプライズイベントは、来場者をハッピーに


【bivouac (ビバーク)プロフィール】

ビバーク写真

2013年に結成された、フリーランスのデザイナー4人によるクリエイティブユニット。名前の由来は登山用語のビバーク(雨ざらしの野宿)から。

稻田尊久(いなだ たかひさ) グラフィックデザイナー

姫野恭央(ひめの やすひろ) グラフィックデザイナー

田中和行(たなか かずゆき) グラフィックデザイナー

田島史絵(たじま ふみえ) WEBデザイナー

文|松永理佐(編集部)

Scroll To Top