ホーム / Lifestyle / 舞台 / 伊東四朗一座×熱海五郎一座 公演「こんにちは 赤ちゃん」
伊東四朗一座×熱海五郎一座 公演「こんにちは 赤ちゃん」

伊東四朗一座×熱海五郎一座 公演「こんにちは 赤ちゃん」

観光課課長・天野国男に伊東四朗、ユートピアランド園長・園田長太郎に三宅裕司、課長夫人ながら観覧車の操作係で「なぜあんなショボクレた課長と結婚したんだろう」と思うくらい、若くてスタイル抜群の超美人・天野君代を真矢みきが演じる

観光課課長・天野国男に伊東四朗、ユートピアランド園長・園田長太郎に三宅裕司、課長夫人ながら観覧車の操作係で「なぜあんなショボクレた課長と結婚したんだろう」と思うくらい、若くてスタイル抜群の超美人・天野君代を真矢みきが演じる

それは一度限りのはずだった…。

 リアクションでもなく、体をはっただけでもなく、作り込んだ“笑い”。技と入念な稽古に裏打ちされる“軽演劇”を04年、伊東四朗が東京に復活させた。スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の三宅裕司・小倉久寛、コント赤信号のラサール石井・小宮孝泰が伊東のもとに集結、一度限りの旗揚げ・解散公演として連日観客を爆笑の渦に誘った。しかし、そんな笑いに飢えていた観客が一度きりなんて許すはずはない。
 結局、翌年もコント赤信号のリーダー・渡辺正行と春風亭昇太を加え、むしろ大きくなって再結成(というか、継続)。
 その後、多忙な伊東が参加できないながら、「笑い」を求める声に応えずにはいられない三宅が06年「伊東」ならぬ「熱海」、「四朗」ならぬ「五郎」の「熱海五郎一座」を結成。毎回お笑い芸人のみならず、女優・歌手など豪華ゲストを迎え、2座合同だったり、熱海一座だけだったりで、着々と公演年数を重ねてきた。
 今年で8年目。今回は「熱海五郎」一座座長、三宅の還暦公演でもある。そして、ゲストは真矢みき。元タカラジェンヌながらコメディエンヌとも言える才能をテレビの端々で発揮している彼女、三宅も「なんかとてつもない大傑作が生まれる気がする。俺の女房と同じニオイがする」と言っているほど。期待大だ。
 ストーリーは、20年前に巨額を投じ建設されたが、今はすっかり寂れてしまった遊園地が舞台。起死回生を願う町役場や遊園地職員の面々。その企画会議の席で役場観光課課長(伊東)が出した案は、「売れないアイドルが遊園地で宇宙人に誘拐され、再び遊園地で発見される」というもの。こんな突拍子もないアイデアにアイドル芸能事務所と上場企業が名乗りを上げ、マスコミ各社もどっと詰めかけ、園は活況を取り戻したかに見えた。しかし、仕込みで誘拐されたはずのアイドルが帰ってこない! 謎が謎を呼び、驚愕の結末が観客を笑いに引き込む。
「最近笑ってないな」と思ったら、劇場に足を運んでもらいたい。腹をよじらせて笑えば、全身にエネルギーが漲(みなぎ)るに違いない。


「こんにちは 赤ちゃん」三宅裕司生誕60周年記念 伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演
「こんにちは 赤ちゃん」

【作】妹尾匡夫 【演出・出演】伊東四朗 三宅裕司
【出演】渡辺正行 ラサール石井 小宮孝泰 小倉久寛 春風亭昇太 東貴博 伊東孝明 河本千明 丸山優子 白土直子 劇団スーパー・エキセントリック・シアター 真矢みき
【会場】赤坂ACTシアター
【日程】2011年5月27日(金)~6月12日(日)
【チケット料金】S席:10,500円 A席:8,400円(全席指定・税込)
【お問い合わせ】チケットスペース 03-3234-9999
【取り扱いPG】チケットスペース、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、JTBエンタメチケット 、ACTオンラインチケット
【主催】アミューズ / オルテ企画 / アタリ・パフォーマンス
【後援】ニッポン放送 / 文化放送

文:川口奈津子(編集部)

Scroll To Top