ホーム / Lifestyle / レストラン / 〝metropolicious(大都市の口福)〟オレゴンバー アンド グリル
〝metropolicious(大都市の口福)〟オレゴンバー アンド グリル
東京・汐留

今宵接待ありまして

アメリカングリル〝metropolicious(大都市の口福)〟オレゴンバー アンド グリル

metropolicious ~metropolice × delicious(大都市の口福)~

店内から見える美しい夜景には思わずため息が。晴れた日の昼間には富士山も見られる贅沢さ

店内から見える美しい夜景には思わずため息が。晴れた日の昼間には富士山も見られる贅沢さ

 想像してみてほしい。炭火で香り高く焼き上げられたジューシーなステーキを頬張り、赤ワインをひと口。目の前には、東京の現在(いま)が煌めく――「オレゴンバー アンド グリル」で過ごす贅沢なひと時は、まるで夢物語のよう。
 アメリカ・オレゴン州で親しまれていた高級シーフードレストランのコンセプトを受け継ぎ、2003年に汐留シティタワー42階にオープンした同店では、最高級グレードの牛肉や吟味されたシーフードのアメリカングリルを、ソムリエが厳選したオレゴン州中心のワインとともに堪能することができる。
「肉本来の旨味を最大限に引き出す焼き加減にこだわっています。ぜひ、塩・コショウのみでシンプルに味わっていただきたいですね」(板垣料理長)
 中でもおすすめは、「プレミアムUS黒毛牛サーロインクリークストーン」。アメリカで唯一、個体識別試験を通過したクリークストーン社のブランド牛で、赤身の美味しさが際立つ。
 東京タワーやスカイツリーをはじめ、東京の景色を一望できる同店の贅沢なロケーションを接待に利用するビジネスパーソンも多く、とりわけ外国人客からの評価が高いという。
 美食美景のフルコースを堪能した後には、バーエリアでさらに美酒に酔う。窓の外の大都市は、「ベッドタイム」という言葉を忘れたかのように輝きの色を濃くしていく――「香しき今宵の楽しみを妨げないで」と言わんばかりに。
 
東京の景色が一望できる開放的な店内。接待ではプライベート空間を設営してもらうことも

東京の景色が一望できる開放的な店内。接待ではプライベート空間を設営してもらうことも

その日の仕入れに応じ、シェフが手工を凝らすアラカルト

その日の仕入れに応じ、シェフが手工を凝らすアラカルト

ホールから見えるガラス張りの厨房からは、炭火焼の熱気が伝わる

ホールから見えるガラス張りの厨房からは、炭火焼の熱気が伝わる


SHOP DATA

オレゴンバー アンド グリル

東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル42F

☎03-6215-8585

(営業時間)ランチ 11:00~15:30(L.O.14:30)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)

席数:130席

クレジットカード可

予算:ランチ コース4,200円(ビュッフェ1,280円~)/ディナー コース12,000~(※アラカルトのみオーダーの場合にはカバーチャージ1,000円あり)

文・写真|松永理佐(編集部)

Scroll To Top