ホーム / Lifestyle / レシピ / 【淑女のための 男の旬彩レシピ】長いも
【淑女のための 男の旬彩レシピ】長いも

酸いも甘いも悟った湘南在住の女性料理研究家が、二人の間を親密にする簡単レシピを伝授

【淑女のための 男の旬彩レシピ】長いも

男も女も料理が上手いに越したことはありません。例えば、二人で迎えた朝、一杯のコーヒーでなく、あなたが彼女にお手製のシジミ汁をつくってあげたら?! お互いクスっと笑って、ちょっとほっこりした気分になれるはずです。そこで、多忙な日々で料理の腕を磨くいとまがないという男性諸氏に、シンプルステップで、こなれた風にみえる料理のコツを、料理研究家の前谷玲子さんが教えてくれます。ポイントは簡単な3つのステップだけ。このポイントをおさえた幸せレシピで、二人の愛を育んでください。もちろん、ひとり飯にもお薦めですよ!

POINT 1 時短&シンプル工程
時間をかけた料理も嬉しいけど、待つほうもしんどいもの。ササっと料理する後ろ姿、格好いいですよ!
POINT 2 あるものアレンジ
調味料や乾物など保存がきく物を使いこなして、「ありあわせだけど!」といいつつも自慢料理を披露しよう。
POINT 3 旬の素材を知っている
料理にはインテリジェンスも必要。旬の食材は安価だし体にもいいので、上手に取り入れましょう。

今月の食材 「長いも」(旬4月~5月)

recipe1
長いもには精力増進効果があるといわれ、愛を育もうとする二人にはもってこいの食材です。長いものレシピといえば、短冊や酢の物、山かけなどが一般的ですが、いかにもやる気マンマンと感じさせず(笑)、スタイリッシュで手早く、グっとくるお薦めのレシピを3品ご紹介します。冷凍保存が効くので、多めに買って皮をむき、刻んだり軽く叩いたものをストックバッグに入れておくと便利ですよ。――レシピの山芋は皮を剥いた分量です。


前谷玲子前谷玲子(まえたにれいこ)
東京出身。某お嬢様女子校を経てフランス留学など気ままな青春を謳歌。出産を機に湘南へ移り、鵠沼にて料理教室「LIFE BOX」を主宰。料理教室のほか、セミナー講師、企業、雑誌などへのレシピ提供などに加え、歯科医師のご主人とともに、食べ物から考えるオーラルケアのレシピなど多方面で活躍中。子供3人、犬2匹、猫1匹の大家族の司令塔としても日々奮闘中! アンチエイジングマイスターを取得し錆びないレシピを考案する日々。
lifebox-cooking.com

写真|前谷玲子 取材|冨塚美智子

Scroll To Top