ホーム / Lifestyle / 音楽 / JKT48 第1期生メンバー28名が決定

JKT48 第1期生メンバー28名が決定

 AKB48初の海外姉妹グループで、インドネシア・ジャカルタを拠点に活躍する「JKT48」の第1期生メンバーが11月2日に決定した。日本人1人を含む12歳から21歳の28名が年内のイベントでお披露目となる。

 インドネシア全土からの応募者、約1200名のうち、書類審査を通った51名がジャカルタ市内で行われた最終オーディションに臨んだ。ダンスと歌、面接の審査を受け、28名が合格した。来年春には専用劇場での公演をスタートする予定だ。
 総合プロデューサー秋元康氏も審査のために日本から駆け付けた。「ほとんど全員、歌がとても上手で驚いた。日本でのオーディションにはなかったこと」と審査の印象を語った。「選ばれた28名はどこか光るものがあったり、輝くはずと思わせるようなダイヤモンドの原石ばかり。原石が輝くには原石同士で磨き合うしかない。頑張ってください」とエールを送った。
 台湾やシンガポール、タイでも姉妹グループを結成する予定だという。「将来的には、日本のAKBメンバーを含めた全世界メンバーの総選挙ができるといいと思う」と構想を語った。
 12月1日発行のBUAISO47号ではJKT48情報を含むインドネシアとジャカルタの特集を掲載します。お楽しみに。


文・写真:羽田祥子(編集部)

Scroll To Top