ホーム / Lifestyle / 丸の内 / MODECOと造る丸女バッグ第2回 サンプルバッグ完成!

MODECOと造る丸女バッグ第2回 サンプルバッグ完成!

MODECO(モデコ)水野浩行氏

ビジネスの中心、東京・丸の内。そこに働く女子たちは全国OLの憧れでもある。素敵丸の内女子たちとともに、女子が「欲しい」商品を開発していく。第1回のパートナーはバッグブランドのMODECOだ。第1回の商品開発会議を受け、「丸女が欲しいバッグ」のサンプルが出来上がった!

MODECO
http://www.modeco-brand.com

mizunosan

廃棄される運命にあった素材に再び命を吹き込み、バッグや財布などに生まれ変わらせるブランドMODECO代表。
そのコンセプトから作り出されるプロダクトに国内外から注目が集まる。若干27歳の若きフロンティアだ。

 
墨田区でなめされる豚革を使用したRED

墨田区でなめされる豚革を使用したRED

サンプルバッグ完成!

丸女から出された意見は、File.001を参照していただくとして、彼女たちの意見から水野氏が造りだしたのは「ドクターバッグ」だった。
名前の通りその昔。医者が使用していたバッグで、従来は男性向けの本革バッグだった。特徴はなんといっても”がま口”だ。

「物の出し入れが多い女性にとって、ファスナーよりも楽に明けられ、且つ密閉した機能を考えたときにこのモデルをリバイバルしてみようと思った」(水野氏)
スマートな丸女をイメージした際に、従来のレディースのがま口バッグはフェミニンか堅過ぎるかの両極のものしかないと感じた水野氏は、すっきり作り上げることを心がけたという。

 
 
「カジュアルシーン、ビジネスシーンどちらでも使えるモデルだと思います」(水野氏)
メインポケットの開閉部の素材はサンプルではステンレスを使用しているが、本来は鉄を使用するため、もう少しカッチリするそうだ。
豚革は多色展開で、今回の赤意外にも色展開が可能だ。黒は革でありながら防水になっている。

ドクターバッグ。
意外なモデルを作り出した水野氏。丸女たちの反応やいかに?
いよいよ丸女による試用がはじまる!

次回、試用期間のレポートをお届け。
お楽しみに。

車のインテリアレザー(シートやダッシュボードに使用する革)を使用したBLACK

車のインテリアレザー(シートやダッシュボードに使用する革)を使用したBLACK


Scroll To Top