ホーム / Interview / 表紙の人 / 吉瀬美智子「幸せかどうか、それが基準」
吉瀬美智子「幸せかどうか、それが基準」

吉瀬美智子「幸せかどうか、それが基準」

吉瀬美智子インタビューモデルから女優へ転身し、今やドラマ、映画、CMに引っ張りだこの吉瀬美智子。この春、自身初の連続ドラマ主演に挑む。

突然32歳でモデルを辞め、女優に転身して3年。CM「二ベアボディ」での抱きしめたくなる可憐な姿、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』でのクールなテロリスト、大河ドラマ『天地人』でのしっとりとしたお悠など、幅広い役柄をこなす。独特の存在感を放ち、舞台、テレビドラマ、映画、CMと各方面からオファーが絶えない。
この春、連ドラに初主演する。吉瀬と同い年の35歳、独身、男なし、貯金なし、定職なし、女偏差値の低い女教師「ハガネ」役だ。原作は、女性からの支持が高い連載中の漫画『ハガネの女』。大ヒット作『TRICK』を輩出し、流行発信力で注目されるテレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」枠での放映となる。舞台は現代の小学校。臨時採用で教育現場に復帰したハガネが、父兄や生徒と真っ向勝負しながら同僚教師との恋に悩む。働く独身女性の等身大の姿を描いたドラマだ。

これまで現実離れした役やクールな役が多かった。「リアルな感情を表現するお芝居に挑戦したいと思っていた時期にちょうどこの役を頂いて嬉しかったです」。
女優として3年。役になりきり、現場を重ねるごとに成長する。「常に自分のできる最大限を現場で出します。今まではドラマが重なっていたのですが、今回はハガネだけにじっくりどっぷり浸かっていたいですね。髪の毛を柔道の谷亮子さんみたいに上でひとつに結んで、ほとんどすっぴんで、ジャージ姿で。今までにない吉瀬美智子だと思いますが、とても楽しみです」。
ジャケットを着た瞬間「かっこいい」表情になった。「衣装によって気持ちが全く変わるんです。お寿司屋さんに行くにも、あの店のあの席に座って、着物を着て、日本酒をいただきながらお寿司をつまむ、ってリアルに想像してから出かけますね。本当はそういう人じゃないんですけど(笑)。今回はジャージ姿でハガネになりきります」。

モデル業での蓄積を一切捨てての転身。決断が潔い。「いつも長いスパンでの自分のビジョンが何となくあって。本当は30過ぎの女優デビューは厳しいと思います。でも挑戦するならラストタイミングだと判断しました。わがままかもしれませんが幸せでいたいというのが基準なんです。
ライフスタイルが充実している女優さんが好きですね。この職業は水ものだから浮き沈みがある。でもライフスタイルが充実している人は、常に生き生きしているんです。だから何か楽しむことをきちんと持っていたい。一生懸命働いているBUAISO読者にも、人生一回しかないから楽しみましょうって言いたいですね」。
秋には初主演映画も公開。飛躍の年だ。


金曜ナイトドラマ「ハガネの女」
芳賀稲子(はが・いねこ)=通称ハガネ。35歳、独身、男なし、貯金なし、定職なし。下降気味の”女偏差値”に歯止めをかけ、女として一花咲かせたい!そう願う元教師が、訳あってなりふり構っていられない教育現場に復活!鋼の「強さ」と「しなり」を武器に学校、生徒、親に巣くう闇に立ち向かう女教師の奮闘をリアルに描くヒューマン・エンターテインメント・ドラマ。5/21(金)夜11:15スタート【テレビ朝日系で放送】
原作:『ハガネの女』深谷かほる(集英社YOU連載中)
制作:テレビ朝日
主題歌:「仲間」ケツメイシ(トイズファクトリー)
出演:吉瀬美智子、要潤、設楽統(バナナマン)、大橋のぞみ、有村架純(新人)、清水ミチコ、横山めぐみ、ほか

ヘアメイク:石川薫子 衣裳:牧亜矢美 衣装協力:ensuite
文:羽田祥子(編集部) 撮影:川隅知明

Scroll To Top