ホーム / Interview / 表紙の人 / 米倉涼子「ハードルは高い方がエネルギーが出る」
米倉涼子「ハードルは高い方がエネルギーが出る」

米倉涼子「ハードルは高い方がエネルギーが出る」

米倉涼子インタビューきめ細い陶器のような肌に完璧なスタイルは女性でもウットリ。“悪女”が板に付いたとも言われているが「もともと芸能界に入ったら毒のある役をやりたかった」のだとか。様々なハードルを乗り越えながら芸能活動10年目。近い将来、新しい“米倉涼子”が見られるようなパワーを感じた。

強い女、悪い女……役に染まるって楽しい

「観てくれる人がいたからドラマが映画にまでなったんです。本当にありがたいと思っています」と話す米倉さんは、女優宣言をしてから今年で10年目。この節目に強くて美しい女刑事のヒロイン、宇佐木玲子役で映画に臨み、何を思ったのだろうか。
「モデルの世界とは違うこの場所(女優)を見つけられて良かったな、と素直に思います。望まれる演技ができているか自信がないこともあるけど楽しいんですよ。いろんな人を疑似体験できるって女優の特権ですよね。『黒革の手帖』の原口元子なんて、横領を働きどんどん綺麗になっていく役。実際なかなかできないでしょ(笑)? もともと芸能界に入ったら毒のある役をやりたかったので、これはラッキーでしたね。いろんな役に染まり、普段ならしない勉強ができるのは魅力的です」。

身も心も強い、信念を持った女刑事

「観てくれる人がいたからドラマが映画にまでなったんです。本当にありがたいと思っています」と話す米倉さんは、女優宣言をしてから今年で10年目。この節目に強くて美しい女刑事のヒロイン、宇佐木玲子役で映画に臨み、何を思ったのだろうか。
「モデルの世界とは違うこの場所(女優)を見つけられて良かったな、と素直に思います。望まれる演技ができているか自信がないこともあるけど楽しいんですよ。いろんな人を疑似体験できるって女優の特権ですよね。『黒革の手帖』の原口元子なんて、横領を働きどんどん綺麗になっていく役。実際なかなかできないでしょ(笑)? もともと芸能界に入ったら毒のある役をやりたかったので、これはラッキーでしたね。いろんな役に染まり、普段ならしない勉強ができるのは魅力的です」。

身も心も強い、信念を持った女刑事

“強い女”玲子をより印象付けるアクションシーンは『交渉人』の見どころの一つ。そのためにプロに戦闘術を習ったという。彼女の人間像はどう理解して演じたのか。
「普段私も平和的解決を望みますが、交渉ではなく『まぁいいじゃん』ってなるタイプ。一方、玲子は男に負けてたまるかという小さいことを思っているのではなく、『絶対交渉人になって事実を明かし、犯人も人質も死なせずに事件を解決する』という強い信念を持ったプロの刑事。人を守る意義を、頭ではなく身体全体でわかっているからこそSITの中で信頼を得られたんですね。その強さを感じてもらえると嬉しいです」。

周りのおかげで今がある

 代名詞のように“悪女”と言われることも「女優の醍醐味。悪い役をやっているのにそう見られなければやる意味がないでしょ」と笑い飛ばす。モデルから見事女優へ転身し、テレビや映画で主役にも抜擢。この活躍ぶりを伺うと周りへの感謝の言葉が続いた。
「仕事や生活って面白いほど気持ちや自信と並行しますよね。潰れそうだった時期から復活できて今があるのは“周りの支え”この一言。自分が上向きになるような、上を向いた明るい人といることはとても大事ですよね。人のありがたみが何年か経ってわかってきて、ずっと離れず傍にいてくれる人たちには本当に感謝しています」。

ハードルは高い方がエネルギーが出る

 完璧なスタイルと度量の広さを持ち、親しみやすく自然体の米倉さん。常に気持ちが上を向いていれば次々と良いことが舞い込んでくることを実感し、ハードルもあったが、随分乗り越えてきたという。その結果が今の姿なのだろう。今後は戦争などの実話にも挑戦したいとか。
「大変そうな役がやりたいです。ハードルって高い方がやる気もエネルギーも出ますし充実感があるもの。意地悪な役? あ、それ、たっくさんやりたい!(笑)」


02

『交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10,000mの頭脳戦』
監督: 松田秀知
出演: 米倉涼子 筧 利夫 城田 優/反町隆史 津川雅彦/高橋克実 陣内孝則
公開: 丸の内TOEI1、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国公開中
配給: 東映
URL: www.koshonin-movie.com

特殊チームSIT(Special Investigation Team)の宇佐木玲子(米倉涼子)は、ある日空港で不審な青年を見かける。彼を追って飛行機に乗り込むとその予感は的中、ハイジャックされた。地上との緊迫する頭脳戦と機内での直接対決。玲子は使命を果たすべく、犯人たちと熾烈な闘いを繰り広げる。犯人の狙いとは? 玲子は乗客を、そしてハイジャック犯を無事に地上へ降ろすことができるのか?
(C)「交渉人 THE MOVIE」製作委員会

ヘアメイク:石川亜矢 スタイリスト:寶田マリ(オランジェ)
衣装協力:ジョゼフ(パンツ、ジャケット)オンワード樫山 03-5476-5811(オンワード樫山 お客様相談室)
インナーはスタイリスト私物
文:鵜居かよ(編集部) 撮影:堂本正礼

Scroll To Top