ホーム / Interview / 表紙の人 / 佐々木蔵之介インタビュー「蔵之介の眠れぬ日々」
佐々木蔵之介インタビュー「蔵之介の眠れぬ日々」

舞台『マクベス』

佐々木蔵之介インタビュー「蔵之介の眠れぬ日々」

シェイクスピアの4大悲劇の一つとして知られる『マクベス』。スコットランドを舞台に、王位を巡る血にまみれた人間模様がくり広げられる史劇を基にした戯曲だ。世界中で演じられてきたこの『マクベス』を、たった一人の役者が演じるという新解釈の舞台が、この夏日本を巡る。この難役に挑む佐々木蔵之介に今の心境を聞いた。

佐々木蔵之介 2012年にスコットランド・ナショナル・シアターで幕を開けた『マクベス』は、シェイクスピアの作品群の中でも、最も有名な心理劇『マクベス』の登場⼈物のほとんどを、一人で演じきる⼤胆かつ野心的なコンセプトで創り上げられた舞台だ。
 そのストーリーは、精神病院に隔離された患者の中に内在した『マクベス』の登場⼈物が、『マクベス』の忌まわしいドラマを再現していき、観客は、患者を通して『マクベス』を追体験していく。
 このジョン・ティファニーとアンドリュー・ゴールドバーグの演出によるスコットランド・ナショナル・シアター版『マクベス』は、毎年世界中から優れた舞台を選りすぐり開催される『NY・リンカーンセンター・フェスティヴァル』に招聘され、演劇賞各賞を受賞、その後ブロードウェイでも上演され、大きな成功をおさめた。
 その『マクベス』が、演出家の一人アンドリュー・ゴールドバーグの手によって、日本でこの夏上演されることが決まった。この無謀ともいえる一人芝居に挑むのが俳優・佐々木蔵之介だ。

恐怖と不安と焦りに駆られた日々

 今回、佐々木は海外のオリジナル版と同様に、『マクベス』の物語に登場する20名にも及ぶ人物を、一人で演じることとなる。なぜ彼はこの難役に挑むことにしたのだろうか?
「最初にこの話を頂いたとき、即断りました(笑)。なにも『マクベスを一人でやることはないだろう!?』ってね。そもそもシェイクスピア本人が一人で演じる用に書いてないですからね」とおどけた調子で話す彼の表情は、少しこわばっている気がした。
 この難役に挑むにあたり、日本版の演出を担当するアンドリュー・ゴールドバーグとワークショップを重ね、戯曲の舞台となったスコットランドへ出向き、ロンドンではオリジナル版のもう一人の演出家であるジョン・ティファニーとも対談をするなど、佐々木は入念に準備を進めてきた。
 しかし、数ある舞台をこなしてきた彼でさえ、この舞台を前に「恐怖と不安と焦りが募るばかりで……」という弱気な言葉を口にする。


『マクベス』

佐々木蔵之介 マクベスStory
シェイクスピア4大悲劇の一つ『マクベス』を、ほとんど一人で演じきるという大胆かつ野心的なスコットランド・ナショナル・シアター版『マクベス』。舞台は精神病院。登場⼈物は病室に隔離された患者。病室の監視カメラが患者の動きを捕え、病棟のモニターに映し出される。患者の中に内在した『マクベス』の登場人物が、あの忌まわしいドラマを再現していく。観客は、患者を通して『マクベス』を追体験する――。この革新的に生まれ変わった『マクベス』に佐々木蔵之介が挑む。

作:W.シェイクスピア
日本版演出:アンドリュー・ゴールドバーグ
翻訳:松岡和子訳『マクベス』より
主演:佐々木蔵之介
共演:大西多摩恵/由利昌也

■公演期間
[東京公演] 2015年7月12日(日)-8月2日(日) パルコ劇場
[豊橋公演] 2015年8月8日(土)-9日(日) 穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
[大阪公演] 2015年8月12日(水)―17日(月) 森ノ宮ピロティホール
[横浜公演] 2015年8月22日(土)―23日(日) KAAT神奈川芸術劇場ホール
[北九州公演]2015年8月28日(金)―30日(日) 北九州芸術劇場・中劇場
●お問い合わせ:パルコ劇場 03-3477-5858
www.parco-play.com

佐々木蔵之介フォトブック『動く森 ―スコットランド『マクベス』紀行―』
佐々木蔵之介(撮影/福山楡青)
7月11日発売予定(扶桑社:2700円)

この夏、『マクベス』に挑む佐々木蔵之介が、物語の舞台となったスコットランドの古城や森を訪ねた。初めて目にする、ダンカン王殺しの現場や朽ち果てたマグダフ城址、魔女と出会った荒野、ダンシネインの丘、バーナムの森……。その景色の中で作品への想いを募らせ、過去、現在、そして未来へと作品に係わる人々の心に寄り添う。美しい写真と散文とで構成するフォト・紀行文だ。

Profile
佐々木蔵之介(ささき・くらのすけ)
京都府出身。神戸大学在学中の1990年、惑星ピスタチオ旗揚げに参加。看板俳優として、1998年の退団まで全公演に出演。2000年、NHK朝の連続テレビ小説「オードリー」で注目される。2005年には自身がプロデュースする演劇ユニット・Team申(チームさる)を立ち上げ、公演を企画、出演。2014年3月には、『スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)空ヲ刻ム者­若き仏師の物語』で歌舞伎の舞台に出演するなど、舞台のみならず、映画、テレビでも幅広い役をこなせるオールラウンドプレイヤーとして活躍、その人気は老若男女問わず高い支持を得ている。

文|江崎充哉(編集部) 写真|花村謙太朗 メイク|西岡達也(Vitamins) スタイリスト|勝見宜人(Koa Hole)

Scroll To Top