ホーム / Interview / BUAISOインタビュー / 中条あやみインタビュー 「COOL BEAUTY」
中条あやみインタビュー 「COOL BEAUTY」

映画 『劇場版 零~ゼロ~』

中条あやみインタビュー 「COOL BEAUTY」

日本をはじめ、欧米などで累計130万本を売り上げた大ヒットホラーゲーム「零」シリーズがこの秋、ファン待望の実写映画化される。
とある女学園の寄宿舎を舞台に巻き起こる〝神隠し〟の謎に迫る本作で、映画初出演でありながら主演に抜擢されや美少女、中条あやみとは――。

驚!驚!驚!なスクリーンデビュー

169センチの長身に、すらりと伸びた手足、まるでヨーロッパ人形のような愛らしい小顔。カメラを向けると、自ずとポージングが決まる――中条あやみ、17歳。現在、雑誌「Seventeen(セブンティーン)」の看板モデルとして活躍する、ティーンのカリスマ的存在の彼女が、今秋公開のホラー映画『劇場版 零~ゼロ~』でスクリーンデビューを果たす。
「モデルではなく、女優として、これまでに2作のドラマに出演させていただきました。その経験から、次は映画に挑戦してみたいなと思っていたところに、今回のお話をいただいたので、とても驚きました。ただ、もっと驚いたのは、それがホラー映画だったこと。そして、もっともっと驚いたのは、ポジションが主演だったことです。『え、私が!?』と最初は戸惑いもありましたが、せっかくいただいたチャンスなので、人一倍頑張う! とチャレンジを決めたんです」
本作のメガホンを取ったのは、これまでにホラー映画の話題作を数多く手がけ、恐怖描写に定評のある安里麻里監督。撮影中には、監督自身も熱心な指導もあったようで。
「監督は優しい方なのですが、カメラが回れば厳しいときも(笑)。本作はアクションシーンも多いのですが、頭の中のイメージをそのまま体の動きで表現することは難しく、上手く立ち回りができないときには悔しくて、一度だけ現場で泣いてしまいました。けれど監督は、その度にカメラを止め、側で熱心に指導をしてくださったので、修正するべき箇所もわかりやすく、とても勉強になりました」

COOL BEAUTYって、難しい。

本作で演じたアヤは、舞台である女学園内の憧れの存在。自身もティーンのカリスマとして、通ずる部分も多かったのでは。
「これは監督にも、撮影前から言われ続けていたことですが、アヤは『クールビューティ』な女の子なんです。でも、私はそんなキャラクターではないため(笑)、役作りは苦労しました。まずは台本を読んで大まかなイメージを作り、あとは、実際に私のまわりにいるクールビューティな人を観察したりしながら、それらを役に落とし込んでいったんです。そうして作りあげたアヤも、実際に演じてみると、監督がもつ彼女のイメージとは違っていたようで……監督に何度も相談し、試行錯誤を繰り返しながら、一人の人物像を作り上げる大変さを実感しました」
映画初出演・初主演という大役を担った本作の撮影を通し、彼女が得たものとは。
「皆でひとつの作品を作り上げる過程では、大変なこともたくさんあるけれど、それに勝る感動を味わうことができる。これは素晴らしいことですよね。先日、完成した作品を初めて見終わった後に、改めてそう感じました。それとともに、約1カ月の撮影期間中には、ほぼ毎日のようにキャストやスタッフの皆さんと顔を合わせていたので、今は少し寂しい気持ちあるんです。またいつか、一緒にお仕事ができれば嬉しいです」


 『劇場版 零~ゼロ~』

STORY
閉塞感漂う山間にある女学園。その寄宿舎で暮らすアヤが部屋に籠ってしばらく経ったある日、学園内で事件が起こった。女生徒たちが、ひとり、またひとりと、忽然と姿を消したのだ。後日、女生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチはアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤが姿を現した…!! 午前零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか? 写真に写るアヤにそっくりな少女は一体? 寄宿舎に起こる〝神隠し〟の謎に二人は迫ろうとしていた…。

©2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会

©2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会

出演:中条あやみ 森川 葵/小島藤子 美山加恋 山谷花純
萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保 純
監督・脚本:安里麻里
原作:大塚英志(「零~ゼロ~女の子だけがかかる呪い」角川ホラー文庫) 原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
主題歌:JAMOSA「LOVE AIN’T EASY」(rhythm zone)9月
24日発売
配給:KADOKAWA
9月26日(金)~全国公開中
zero-movie.jp

PRPFILE

中条あやみ(なかじょう・あやみ)

1997年大阪府出身。「ミスセブンティーン2011」でグランプリを受賞。2011年9月より、雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルとして活動をスタート。2012年には、ドラマ「黒の女教師」(TBS)で女優デビューを果たす。本作が映画初出演でありながら、初主演を務める。今後の活躍が期待される新人女優。

取材・文|松永理佐(編集部) 撮影|花村謙太朗 ヘアメイク|朝日智仁 スタイリング|城田望(kind)

Scroll To Top