ホーム / Interview / BUAISOインタビュー / 春、咲、笑。~ハルサクエガオ~ 蒼井 優
春、咲、笑。~ハルサクエガオ~ 蒼井 優

映画 『春を背負って』

春、咲、笑。~ハルサクエガオ~ 蒼井 優

その笑顔は不思議なパワーをもっている。
彼女が笑うと、周囲の空気が明るくなる。彼女が笑うと、心があったかくなる。
例えるなら、ぽかぽか陽気が気持ち良い、優しい春――女優・蒼井 優。
そんな彼女の笑顔に魅了されたという、木村大作監督の山岳映画『春を背負って』では、山の天気のように感情と表情がくるくると変わる天真爛漫な女性を演じる。
標高3015メートルを誇る立山連峰(富山県)大汝山山頂でのハードな撮影を通し、彼女が得たものとは。愛らしくもたくましい。、YU ISMを垣間見た。

一歩、一歩負けないように。

 人生における自分の居場所。仕事、交友関係……あなたの今の在処は、果たして、正しい選択の末にたどり着いたと言える所だろうか。
「それは人が生きる限り、大小問わず、私も含めて皆が抱える悩みでしょう。けれど特に都会で生活をしていると、そのもやもやとした感情が街の雑踏にかき消され、自分の心の声が聞き取りづらいように感じられます。その点、本作は、迷いや挫折を抱えた登場人物たちを大自然の中に置くことで人の感情を浮き彫りにし、心の動きをわかりやすく描いていると思います。きっと雄大な山の上では、シンプルに物事を考えられるはず。だから登山はおすすめですよ。とはいえ、皆さんすぐに機会をもつことは難しいでしょうから、ひとまず、今回は私が代わりに登ってきました(笑)。映画間で疑似登山気分を味わいながら、広い心で今の自分を見つめ、何かを感じていただけると嬉しいです」
 思わずこちらまで微笑んでしまうほどの、とびきりの笑顔を見せながら作品について語る蒼井だが、雪山での撮影当初にはその明るい表情が曇るような経験も。
「撮影中、大汝山には計5回登りました。山頂の菫小屋(大汝山休憩所)まで片道5時間ほどかかるのですが、初回の登山は本当にきつかったです。これからまだ何度も登らなければならないのに大丈夫かな、と心配になったくらい。でも、回を重ねるごとにだんだんと山に身体が慣れていき、後半には雪への足の入れ方や歩の進め方など自分なりの登山法もつかめてきたので、景色を楽しむ余裕もできました」

あったか木村ファミリー

IMG_8164 本作のメガホンを取ったのは、これまでに日本映画の名作や話題作を数多く撮影し、名キャメラマンとしても知られる木村大作監督。御年74歳とは思えぬバイタリティ溢れる存在だ。
「私は直接言われてはいないものの、現場では監督の怒号がよく飛んでいました。中でも『バカ!』『タコ!』というお得意文句は今でも耳に残っています(笑)。でも監督は『このスタッフだからっこそ安心して怒鳴れるんだ』とおっしゃっていました。対するスタッフやキャストも、怯えるどころか、愛おしさすら感じる目線で監督のことを見守っているんですよね。皆の心が通じ合っている、家族のようにあったかい木村組でした」
 そんな木村ファミリーとともに、撮影中には山小屋で共同生活を送ったという。
「日常とは環境が大きく異なる山の上ですから、やはり思うように眠れなかった……と他の人たちは言っていましたが、私は逆に超熟睡(笑)。朝起きるのが辛いほどにぐっすり寝入り、皆と一緒に朝ごはんを食べる機会を随分と逃してしまいました。それほど安心して共同生活を送ることができたのも、このメンバーだったからこそだと思います」
 本作の役柄・高澤 愛は、物語の舞台である山小屋「菫小屋」で働くマスコット的愛されキャラ。料理上手な設定でもあるが、それは蒼井自身にも通ずる。事実、撮影中には木村組のメンバーに手作りハンバーグを振る舞い、皆と舌を唸らせていたという噂も……。
「いやいや、味は普通ですよ(笑)。でも料理は好きです。定番和食やギョーザをよく作ります」
 周囲が太鼓判を押す蒼井の手料理、叶うものなら一度味わってみたいものである。


『春を背負って』

(c)2014「春を背負って」製作委員会

(c)2014「春を背負って」製作委員会

STORY:立山連峰で山小屋〝菫小屋〟を営む厳格な父に育てられた長嶺亨。社会人になった亨はそんな父から遠ざかるように金融の世界で、会社の歯車として毎日を過ごしていた。そんなある日、父の訃報が突然届く。帰郷した亨の前には見知らぬ一人の女性・高澤愛の姿が。彼女は心に深い傷を負い、山中で遭難しかけたところを亨の父に助けられた過去があった。父が遺した菫小屋と、父の想いに触れた亨は、都会での生活を捨て小屋を継ぐことを決意する。山での生活に悪戦苦闘する亨の前に、父の友人と名乗るゴロさんが現れる。世界を放浪してきたゴロさんの自然に対する姿勢や愛の天真爛漫な笑顔に接しながら、亨は新しい自分の人生に向き合い始める。

原作:笹本稜平「春を背負って」(文藝春秋刊)

監督・撮影:木村大作 音楽:池辺晋一郎

脚本:木村大作/瀧本智行/宮村敏正

出演:松山ケンイチ 蒼井 優 壇 ふみ 小林 薫 豊川悦司

www.haruseotte.jp

 

インタビュー・文|松永理佐(編集部) 撮影|花村謙太朗 ヘアメイク|石川智恵 スタイリング|山本マナ

Scroll To Top