ホーム / Intercity / / FROM TOKTO@秋葉原~御徒町 2k540 AKI-OKA ARTISAN
FROM TOKTO@秋葉原~御徒町 2k540 AKI-OKA ARTISAN

FROM TOKTO@秋葉原~御徒町 2k540 AKI-OKA ARTISAN

工房のあるショップでは職人の技術を身近に感じることができる(mic)

工房のあるショップでは職人の技術を身近に感じることができる(mic)

400年ほどの歴史をもつ高取焼。茶道具のほか、湯のみや杯など日常使いのものも揃える(鬼丸雪山窯元)

400年ほどの歴史をもつ高取焼。茶道具のほか、湯のみや杯など日常使いのものも揃える(鬼丸雪山窯元)

高架下に
“ARTISANの街”が誕生

 電気街であり、アニメやゲームなどのオタク文化の拠点ともいわれる秋葉原。今、その周辺には「3331 Arts Chiyoda」をはじめ、空きビルや廃校をリノベーションして、デザイナーやクリエーターたちが生き生きと活動できる場所が点在する。彼らはギャラリーやショップ、カフェを次々にオープンさせているが、それはかつて江戸の伝統工芸職人の街であった御徒町にも広がりを見せている。まるでニューヨークのチェルシー地区がギャラリーの街として復活したように、近年、東京の東側エリアはアートの街へと生まれ変わりつつあるのだ。
 これまで駐車場だったJR秋葉原駅から御徒町駅にわたる高架下をリノベートして造られた「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」もその一つ。この場所が東京駅から2.54kmに位置する、という鉄道用語をそのまま名称にし、「AKI-OKA」は秋葉原の「アキ」と御徒町の「オカ」、「ARTISAN」はフランス語の「職人」の意味である。そう、ここは「“メイド・イン・ジャパン”のプロダクト、アート、カルチャーをもっと世界に広めたい」という職人やアーティストがものをつくり販売する機会を与えられた場所。

オープンキッチンのような工房でレザーのバッグや小物を作る (LITSTA)

オープンキッチンのような工房でレザーのバッグや小物を作る (LITSTA)

イタリア・フィレンツェで技術を学んだ内藤圭美のデザ インは、イタリア仕込みのダイナミックなジュエリーから 和装ジュエリーまで幅広い(kadomi)

イタリア・フィレンツェで技術を学んだ内藤圭美のデザ インは、イタリア仕込みのダイナミックなジュエリーから 和装ジュエリーまで幅広い(kadomi)

 例えば、50年以上、東上野で革財布を作り続けている「mic」。独特な色合いと艶を持つ福岡県の高取焼「鬼丸雪山窯元」。若手アーティストを発掘、バックアップしながら作品を広め、アートのある生活をプロデュースする「アートスタジオAPJ」。歴史ある職人の店から新進気鋭のアーティストのショップまで現在32店舗がオープンしているが、さらに17店舗増える予定だ。
 ものづくりに励む若者のエネルギーが満ちる2k540と、昔から続く地元の産業とが融合し、古くて新しい“ARTISANの街”に変わろうとしている秋葉原エリア。国際的にも注目され、日本の経済をも揺るがすこのエリアのエネルギーは、きっと日本を元気にしてくれるはず。がんばれ、ニッポン!


通路2k540 AKI-OKA ARTISAN
www.jrtk.jp/2k540
東京都台東区上野5-9 (JR山手線 秋葉原駅と御徒町駅間の高架下)
TEL 03-6806-0254
営業時間 11:00~19:00 ※一部店舗により異なる
水曜定休 ※一部店舗により異なる
アクセス JR山手線秋葉原駅から徒歩5分、御徒町駅から 徒歩3分、東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩3分

文:鵜居かよ(編集部)

Scroll To Top