ホーム / Intercity / 都市 / 【Intercity】 まだ見ぬ台湾の魅力を求めて
【Intercity】 まだ見ぬ台湾の魅力を求めて

【Intercity】 まだ見ぬ台湾の魅力を求めて

[高雄]南国の風情と活気あふれる港町

 高雄は、人口278万人を有する台湾南部の商工業の中心地。同時に、台湾最大のコンテナ港がある国際貿易都市としての役割も担っている。
 古きよき港町の風情を感じたければ、フェリーに乗ってぜひ旗津半島へ。かつて使用されていた灯台や砲台など数多くの史跡が残っていたり、旗后山からは多くのタンカーが行き交う、ダイナミックな貿易の様子が見てとれる。
 港の周りを散策すると、あちこちで見かけるのはカキ氷屋。亜熱帯気候に属している高雄は、年間平均気温が25度と暑いため、マンゴーなど果物たっぷりのカキ氷が名物なのだ。
 地下鉄で一駅移動した場所にあるのは、今最も若者に人気のスポット「駁二藝術特区」。港の倉庫跡地などが、新進気鋭の芸術家たちの手によってアート空間として生まれ変わった。沢山のオブジェや壁画を見て、最新のアートに触れてみよう。

1.いつもカップルや家族連れで賑わう駁二藝術特区。敷地内には鉄道の廃線跡も残り、散歩道として楽しめるようになっている 2.南台湾のカキ氷は、色とりどりの果物で彩られて見た目も可愛い。大きな器をグループで分け合っている光景を見かけることも 3.高雄の街並み。大企業の工場から町工場まで沢山の産業が、工業都市としての高雄を支えている

1.いつもカップルや家族連れで賑わう駁二藝術特区。敷地内には鉄道の廃線跡も残り、散歩道として楽しめるようになっている 2.南台湾のカキ氷は、色とりどりの果物で彩られて見た目も可愛い。大きな器をグループで分け合っている光景を見かけることも 3.高雄の街並み。大企業の工場から町工場まで沢山の産業が、工業都市としての高雄を支えている


inter (2)

写真・文|花村謙太朗

Scroll To Top