ホーム / Intercity / 都市 / 【Intercity】 豊かな自然と 四季折々の表情を見せる カナダ西岸へ
【Intercity】 豊かな自然と 四季折々の表情を見せる カナダ西岸へ

【Intercity】 豊かな自然と 四季折々の表情を見せる カナダ西岸へ

[Canadian Rockies]カナダが世界に誇る自然遺産

 バンフ、ジャスパーなどの国立公園からなるカナディアンロッキーは、氷河によって生まれた渓谷や湖などが点在する大自然の宝庫。なかでも「ロッキーの宝石」とも評される美しい湖がレイク・ルイーズ。周辺にはハイキングコースが幾つもあり、朝早くから散策をすればビーバーの姿を見られることも。また、湖と相まって美しい風景を作りだすのは、湖畔に佇むシャトーレイクルイーズだ。このホテルでの宿泊が目的でロッキーを訪れる観光客も多く、湖の美しさを余すことなく楽しめる。
 標高2100mの展望台から、180度のパノラマビューと共に見下ろせるペイト・レイクは絶景そのもの。実に不思議なエメラルドの乳白色をしているが、これは氷河から溶け出た水に、細かい粘土の粒子が含まれているため。天候や時間によって様々な表情を見せてくれる湖面を心ゆくまで味わいたい。
 観光のハイライトは、およそ325k㎡の面積を誇り、氷の厚さは最大約350mにも及ぶコロンビア氷原。今もなお冬の積雪と夏の融解を繰り返しながら成長を続けており、北極と南極を除けば紛れもなく世界最大規模の氷原だ。雪上車に揺られて、ひとたび氷上に降り立たてば、地球規模の壮大なスケールに誰もが圧倒されるだろう。

1.岸辺の東側の形から「星の湖」とも呼ばれるペイト・レイク。湖畔まではトレイルがあり、手軽なハイキングができる 2.雄大な山々と氷河湖に囲まれたジャスパーの美しい街並みは、ロープウェイの山頂駅から一望できる 3.地球温暖化の影響により年約1.6mの速度で後退しているコロンビア氷原。数年後には氷が無くなっているかもしれない 4.バンクーバーとを1泊2日で結ぶロッキー・マウンテニア号。車窓の景色を見ながら、日常を忘れて贅沢な時間を過ごしたい 5.レイク・ルイーズは上からの眺めがおすすめ。少しだけ高低差があるので、自信がない人は馬に乗って行くことも

1.岸辺の東側の形から「星の湖」とも呼ばれるペイト・レイク。湖畔まではトレイルがあり、手軽なハイキングができる
2.雄大な山々と氷河湖に囲まれたジャスパーの美しい街並みは、ロープウェイの山頂駅から一望できる
3.地球温暖化の影響により年約1.6mの速度で後退しているコロンビア氷原。数年後には氷が無くなっているかもしれない
4.バンクーバーとを1泊2日で結ぶロッキー・マウンテニア号。車窓の景色を見ながら、日常を忘れて贅沢な時間を過ごしたい
5.レイク・ルイーズは上からの眺めがおすすめ。少しだけ高低差があるので、自信がない人は馬に乗って行くことも


map

写真・文|花村謙太朗

Scroll To Top