ホーム / Intercity / 都市 / 【Intercity】 美しきカリブ海の楽園へ ~カンクン~
【Intercity】 美しきカリブ海の楽園へ ~カンクン~

【Intercity】 美しきカリブ海の楽園へ ~カンクン~

1.パーク内で見かけた真っ赤な花を咲かせる木々。メキシコの青空とのコントラストがとても美しい 2.イ・キルへと続く幾つもの洞窟の階段は、まるで異世界へと繋がっているよう 3.マヤ語で“風の吹く場所”を意味するイ・キルは、今では泳いだり、飛び込んだりすることができて、天然のプールとして使われている 4.途中、休憩で立ち寄った名も知らない街。石畳とカラフルな建物が続くオシャレな街並みに心が躍る 5.公園の至るところに設けられているベンチでは、恋人たちがa語らったり、老人たちが陽気な声で世間話をしたりする光景をよく見かける

1.パーク内で見かけた真っ赤な花を咲かせる木々。メキシコの青空とのコントラストがとても美しい
2.イ・キルへと続く幾つもの洞窟の階段は、まるで異世界へと繋がっているよう
3.マヤ語で“風の吹く場所”を意味するイ・キルは、今では泳いだり、飛び込んだりすることができて、天然のプールとして使われている
4.途中、休憩で立ち寄った名も知らない街。石畳とカラフルな建物が続くオシャレな街並みに心が躍る
5.公園の至るところに設けられているベンチでは、恋人たちがa語らったり、老人たちが陽気な声で世間話をしたりする光景をよく見かける

古代マヤからの贈り物、セノーテ

 石灰岩の地層をもつユカタン半島には地下に無数の水脈が走っている。その地面の一部が陥没することで地表から見える泉が「セノーテ」と呼ばれている。かつて、マヤの人々により“聖なる泉”として崇められ、雨乞いの儀式を行うなど宗教的に大きな意味を持っていた。また、川のないこの地方では真水を蓄えたセノーテは貴重な水源でもあったため、マヤ文明の発展には欠かせないものだった。
 現在、ユカタン半島には数千ものセノーテが確認されているが、その中でも一番のお薦めはイ・キル。チチェン・イッツァから車で10分程と気軽に立ち寄れることも人気の理由のひとつだが、その絶景には誰もが目を疑う。泉を囲う蔦は水面まで垂れ下がり、頭上から降り注ぐ木漏れ日は泉を碧く光輝かせる。時が止まったような神秘的で、啓示的な空間は、まるで古代マヤから届けられた贈り物を見ているようだ。


Intercity MAP

文・写真|花村謙太朗

Scroll To Top