ホーム / Intercity / 都市 / 【Intercity】 美しきアンデスの都を目指して   ~ペルー(Peru)~
【Intercity】 美しきアンデスの都を目指して   ~ペルー(Peru)~

【Intercity】 美しきアンデスの都を目指して   ~ペルー(Peru)~

アメリカ人の探検家ハイラム・ビンガムの一行がクスコを出発して5日後のことだった。
ジャングルの密林の奥深くに、突如、美しい石工技術からなる石壁や廃墟が現れた。
美しきアンデスの山々に抱かれて、400年もの間、ひっそりと佇んでいた。
何世紀も茂るに任せた木々や苔がはびこる、まるで時が止まったような世界。
それは、遥か歴史の彼方に忘れ去られた〝失われた都〟だった。

遺跡の至る所で、芝刈りの役目を与えられ、放牧されているリャマに遭遇する。

遺跡の至る所で、芝刈りの役目を与えられ、放牧されているリャマに遭遇する。

遺跡を見守るように背後に鎮座するワイナピチュ。頂上からマチュピチュを俯瞰すると、舞い降りたコンドルの姿が浮かび上がる。

遺跡を見守るように背後に鎮座するワイナピチュ。頂上からマチュピチュを俯瞰すると、舞い降りたコンドルの姿が浮かび上がる。


peru

文・写真|花村謙太朗

Scroll To Top