ホーム / Information / アルバ・エデュが夏休み特別企画イベント「おとなもこどももいっぱい話そう!ワールドカフェ@スウェーデン大使館」を開催

アルバ・エデュが夏休み特別企画イベント「おとなもこどももいっぱい話そう!ワールドカフェ@スウェーデン大使館」を開催

(C)Alba Edu Inc.

(C)Alba Edu Inc.

強い発言力を備えた次世代の育成を目的とした一般社団法人アルバ・エデュが、8月25日に夏休み特別企画イベント「おとなもこどももいっぱい話そう!ワールドカフェ@スウェーデン大使館」を都内で開催した。

未就学児(年長児)から大人まで幅広い年齢層を対象に、スウェーデンの国事情などを学びながら、同じテーマについて自分の考えや気づきを自由に発言する場を設けるために実施された同企画。イベント中には約80名のご参加者が10チームに分かれ、スウェーデンと日本との違いや、それぞれの国の魅力など、さらには「自分が日本の首相だったらスウェーデンを参考にこんなふうに日本を変えてみたい」など、各自が感じたことや気づいたことをチーム内で自由に話し合う場が設けられた。

「夏休みに宿題がないなんて羨ましい」「パンケーキが給食に出るなんていいな」「あの海で魚釣りをしてみたい」といった子どもならではの反応も、年上の参加者の感想や意見に耳を傾けることで、それがヒントとなって、「大人たちが失敗だったと口にする“ゆとり教育”は、勉強の内容ではなく、取り巻く環境にゆとりを持たせれば、スウェーデンのようにハードに勉強するようになるのではないか」「(スウェーデンの自然享受権を参考に)日本にもある豊かな自然をどう使うか考え直せば、子ども時代の過ごし方にも変化が出てくるのではないか」など、深い議論にまで発展したチームも見られた。

主催のアルバ・エデュは今回のイベントについて、「これをきっかけに、スウェーデンへの理解はもちろんのこと、日本を見る目にも新しい視点が加わり、また『話す』という『アウトプット』の経験を通じて自己洞察するきっかけを得るなど、ご参加いただいた皆様にとって資するものとなれば」とウェブサイト上でコメントしている。


■一般社団法人アルバ・エデュ
http://www.alba-edu.org/

Scroll To Top