ホーム / Information / 安田レイ、宇宙戦艦ヤマトEDテーマに大抜擢デビュー

20歳の新星が「トーキョー」を世界に発信

安田レイ、宇宙戦艦ヤマトEDテーマに大抜擢デビュー

通常盤(画像):1,223円、期間生産限定盤(アニメイラストジャケット/デジパック仕様):1,300円

元気ロケッツの「Lumi」としてフロントアクトを務めた安田レイが、ソロシンガーとしてシングル『Best of my love』(7月3日発売、SMEレコーズ)でデビューを果たす。
安田は2006年から「ローズ・レイチェル」としてモデル活動を開始。2007年から元気ロケッツのフロントアクトを務め、これまでに3枚のアルバムと2枚のシングル、2つの映像作品を発表していた。
ソロプロジェクトのブランディングコンセプトは「Global Standard Pop Icon from TOKYO」。元気ロケッツのメンバーでもある玉井健二率いるクリエイターチーム「agehasprings」が手掛けるサウンドと、安田のアーシーかつクールな歌声で、“カワイイ”“クール”を併せ持つ「トーキョーブランド」を再構築し、世界へ発信する。
デビュー作はテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』(MBS・TBS系 毎週日曜17:00~17:30)のエンディングテーマとして使用されることも決定。20歳を迎えたばかりの新星が、新たな才能を飛び立たせる。


『Best of my love』
CD:2013年7月3日発売
※6月19日着うた配信開始、6月26日着うたフル、PC配信開始

■安田レイ
1993年4月15日、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。3歳で日本へ。10歳の頃、母親が聴いていた宇多田ヒカルに衝撃を受けてシンガーを志す。モデルとしての活動を始めたことをきっかけに、13歳で元気ロケッツのオーディションに合格し、ボーカリストとしての才能を開花させる。20歳を迎えた2013年、「自身の歌声をもっともっとたくさんの人々の心に直接届けたい」という強い想いを胸に、ソロシンガーとしてデビュー

website:http://www.yasudarei.net
facebook:https://ja-jp.facebook.com/yasudareiofficial
blog:http://www.nylon.jp/blog/reiyasuda/

Scroll To Top