ホーム / Column / 建築家・後藤ステファニー朗子の仕事 / 建築家・後藤ステファニー朗子の仕事(2)「CORTON」

建築家・後藤ステファニー朗子の仕事(2)「CORTON」

すべてがベストシートであるようにというニーポーレント氏の強いリクエストに応えるべく、後藤氏は腐心したという。その結果が、可能な限り多く設けられたコーナーシートである

すべてがベストシートであるようにというニーポーレント氏の強いリクエストに応えるべく、後藤氏は腐心したという。その結果が、可能な限り多く設けられたコーナーシートである

食事する人を包み込むような空間

 元々この場所にはドリュー・ニーポーレント氏がオーナーの「Montrachet(モンラシェ)」という有名なレストランがあった。このトライベッカというエリアが、グルメなニューヨーカーたちの人気スポットになった先駆けともいえる店だ。そのニーポーレント氏が2008年9月、リメークのパートナーに選んだのがポール・リーブラント氏。NYタイムズで三ツ星の評価を得た、コンテンポラリー・フレンチの若手奇才シェフである。 「モンラシェ」は、レンガ造りの歴史的な建築美からも、マンハッタンの「食」のランドマークと言われていた。再出発にあたり、オーナーであるニーポーレント氏は、新しいレストランにもこの建築美を留めつつ、新たな趣を再定義したいと後藤氏に要請したのだった。
 後藤氏は、限られた予算の中からも、ラグジャリアスな雰囲気を醸し出したいと考えた。そのために「食事をしている人を包み込むような空間を作りたいと思いました」。

クリーム色の壁には手作業で彫られた葉や枝のレリーフ。周囲に施されたLEDによって優雅に浮かび上がる

クリーム色の壁には手作業で彫られた葉や枝のレリーフ。周囲に施されたLEDによって優雅に浮かび上がる

シンプルかつ繊細なwork

 天井や壁にはゆったりとした傾斜やカーブを取り入れた。クリーム色の壁には手作業で彫られた葉や枝のレリーフが、周囲に施されたLEDによって優雅に浮かび上がる。所々で金色の葉が、白い壁の上に浮かんでいるかのように見え、まさに耽美。19世紀のハーブ柄が刺繍されたバンケット(長椅子)の色はコルトン・シャルルマーニュそのものを、対面するラベンダー色のスツール(肘掛けのない椅子)は年代物のボルドーを彷彿とさせる。
 後藤氏は、照明にもこだわった。特筆すべきはシャンデリア。華奢な真鍮の細い棒をブラス(黄銅)のロッドで吊るし、そのいくつかの先端には、金箔を施した卵大の手ふきガラス球を付けた。柱には、冷光色の雲母の塵をコーティングした。
 サーブされた料理は、直径5センチの小さな穴から光るハロゲンランプに照らされ、星の光が優しく差し込むような、シックでロマンティックな演出だ。
 後藤氏の友人でもあるシェフ、リーブラント氏が、クラシカルなフレンチにコンテンポラリーなアプローチで挑むように、彼女も歴史と現代を見事に調和させた。豪華でリッチなメッセージを奥に秘めながら、彼女ならではの美意識で、シンプルかつ繊細な新しいworkをここにまた実現させたのである。

 この表現に、彼女のアイデンティティである「日本」を感じるのは、異国の地で見る母国の面影だからこそ、なのだろうか。 「私が一番成功だと思うデザインは、どこにも力みなく自然に見えて、決して媚びることがないもの。このアプローチが、コルトンという作品の中で、日本的なものとして現れているのかもしれません」。


後藤ステファニー朗子
ラファエル・ヴィニオリやデイビッド・ロックウェルらの下で経験を積み、2004年に独立。建築だけでなく、商品やグラフィック、内装など、トータルな空間クリエイションがコンセプト。安藤忠雄、”料理の鉄人”森本正治とのコラボレーションによるMorimotoや、ChristianLiaigreとの協業によるBUDDAKANなどのプロジェクトに携わる。現在はNY、ロサンゼルス、アジア諸国のレストラン、個人住宅、コンドミニアム、ホテルなどを手掛ける。CORTONで2009年12月、建築・デザイナーの間で権威ある専門誌「INTERIOR DESIGN」によるBest of Year Awards,2009 Fine Dining部門グランプリ受賞
「CORTON」
239 West Broadway (between Walker & White Streets) New York, NY 10013
YEL: 212-219-2777
URL: www.cortonnyc.com
STEPHANIEGOTO ONE UNION SQUARE WEST NEW YORK 10003 USA
URL:stephaniegoto.com

加藤紀子(編集部)

Scroll To Top