ホーム / Business / 書評 / 【Digital Library】『お~い!竜馬』『無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則』

【Digital Library】『お~い!竜馬』『無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則』

『お~い!竜馬』(作:武田鉄矢、画:小山ゆう/小学館)
お~い!竜馬

天保六年十一月十五日。土佐の郷士・坂本家に誕生した竜馬。弱虫で泣き虫の竜馬は、近所でもいじめっ子の標的で、事あるごとに姉の乙女に助けられる毎日を送っていた。だがある晴れた春の日、病弱な母・幸と出かけた花見で彼を変える決定的な出来事が…!

 こんにちは。ソニーの本屋“Reader Store”の店長、加藤です。
 今号を皆さんがお手に取るのは、年が明けてからですね。2011年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか? 「3.11」、この言葉を避けては通れないほど、東日本大震災は日本に、また人々の生活に大きな影響を与えました。そして、そのような中で「本」の価値・効能が再度見直された年だったような気がしています。「本」の一つの価値は、情報としても存在としてもアーカイブ性のあるところにあります。また、ある意味とても静的な存在であり、静的だからこそ没頭でき、そして自由に想像力を発揮できる対象だと思います。そんな「本」を紹介することで、ほんの少しでも楽しさや安らぎをお伝えし、日々の生活を楽しく感じていただければうれしく思います。
 今回ご紹介するのは、『お~い!竜馬』(作:武田鉄矢、画:小山ゆう/小学館)と『無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則』(著:吉田潤喜/ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。
 時代は全く異なりますが、どちらも差別という逆境を乗り越え・はね退け、自らが信じた道を歩む姿が描かれています。この姿は、今の閉塞感漂う日本を突破するためにとても大事なものだと感じます。
 坂本竜馬についてはあえて説明する必要はないと思いますので、『無一文から~』著者の吉田潤喜さんについて少し触れさせてください(有名な方ですので、ご存じの方も多いと思いますが)。

無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則
無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則

19歳で単身アメリカにわたり、ヨシダソースを創業した吉田潤喜氏。この事業で大成功し、無一文から億万長者(年商250億円)になった著者が教える、ビジネス成功のための7つの法則

 単身で日本からアメリカに渡り、無一文の状態からスタートして「ヨシダソース」によりアメリカでイチローの次に有名な日本人とまで称えられるようになった“アメリカのソース王”です。あえて詳細には触れませんが……幼少時代からさまざまな苦難を乗り越え、そしてアメリカに渡ってからも何度も逆境に立たされ、それでもなお力強く生き続けるその姿。とても引きつけられます。吉田さんにお会いする機会を頂き、その源となるのは何か? とお聞きしたところ、「Passion」であると述べられました。
「Passion」……坂本竜馬、吉田さんに共通するのは、この「Passion」であると感じます。
 真っすぐ何かに向かう時のエネルギーの源こそ、この「Passion」なのではないでしょうか。
 故スティーブ・ジョブズについて書かれたある本の外国人著者とその本の解説をされた方にお会いした際にも、会話の中でたびたび「Passion」という言葉を口にされていたことが強く印象に残っています。彼らは「日本人は『Passion』を『情熱』と訳すけど、『情熱』だけでは表せない、体の内側から湧き上がるものというイメージなんですよね」と話していました。また、吉田さんも「『Passion』は命をかけることができる何かに向けたもの」と話されていました。
 震災、復興、政治の混乱……2011年は本当にいろいろなことが起き、日本人の生活や価値観を変える年になりました。日本人としての思いと誇りを再度示すためにも、「Passion」を持てる何かを一人ひとりが見つけ、そして、「Passion」を口憚(はばか)ることなく、自然と口にすることが増えれば、元気を取り戻せるのではないかと思います。
 日本を元気にしていくために、強く生きる人々の姿に触れていただきたいと思い、年の始まりにおいてこの2冊を紹介させていただきました。ぜひともご一読いただければと思います。

おすすめ作品
★ストーリーとしての競争戦略
 優れた戦略の条件
楠木建(著)東洋経済新報社
大きな成功を収めその成功を持続している企業は、流れと動きを持った「ストーリー」として戦略を組み立てている。多くの事例をもとに競争戦略の思考パターンを解き明かす。
★これからの「正義」の話をしよう
 ──いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル(著)鬼澤忍(訳)早川書房
あのベストセラーが紙版の文庫化に合わせて大幅値下げ。さらに世界初公開、著者の次作『それをお金で買いますか』序章を先行収録。
★進撃の巨人(1)
諫山創(著)講談社
手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページをめくる。超大作アクション誕生! これが21世紀の王道少年漫画だ!!

加藤 樹忠(かとう しげのり)加藤 樹忠(かとう しげのり)
2001年ソニーマーケティング株式会社入社。2010年から 電子書籍のビジネスを担当し、同年12月、ソニーの電子書籍リーダー“Reader”(リーダー)の日本発売に合わせ、電子書籍ストアReader™ Storeを立ち上げる。現在、店長として当サイトを運営する

電子書籍ストアReader™ Store
ebookstore.sony.jp

Scroll To Top