ホーム / Business / 教育 / 子どもの心身“発育バランス”の悪さに不安を感じている教員5割以上~味の素が調査~

「キレやすい・グズリやすい」「噛みつく・たたく」「顔から転ぶ」…

子どもの心身“発育バランス”の悪さに不安を感じている教員5割以上~味の素が調査~

味の素株式会社(東京都中央区)は、5月GWが明けた2014年6月初旬に全国の3歳保育園児から小学校3年生までの子どもをもつ母親200名及び全国の3歳保育園児から小学校3年生までを担当する教員200名を対象に、『最近の子どもの生活態度』に関する調査を実施。その結果、5割を超える教員が、以前の園児・児童よりもここ数年の園児・児童に対して、本能に関わると考えられる心身の“発育バランス”(代表的な事象は「キレやすい・グズりやすい」「噛みつく・叩く」「顔から転ぶ」など)に関して、十分ではないと感じていることがわかった。

心身の“発育バランス”は脳の発育と相関関係にあり、“適度な刺激”と“十分な栄養摂取”が必要とされるが、母親向けの調査から「食生活を含めた子どもの生活習慣が乱れている」ことに加えて、「子どもに手を掛けすぎている母親像」が明らかになり、子どもの心身“発育バランス”が悪い原因を示唆されることとなった。

上記の状況に加えて、長い夏休みの間に子どもは特に生活リズムを崩しがちであることから、子どもの脳の発育に詳しい小児科専門医の成田奈緒子先生は、本格的に新学期がスタートしたこの時期を子どもの心身“発育バランス”を改善する機会として、“かしこく”脳を発育するため「朝のリズム健全化」と「おやつで脳の発達を促すDHA摂取」を提唱する。

1.本能の発達が不十分!? 子どもの心身“発育バランス”に不安を感じている教員5割超え!
~以前よりも「キレやすい・グズリやすい」40.5%、「噛みつく・叩く」35.0%、「顔から転ぶことがある」28.5% など~
・以前の児童との比較において、ここ数年の園児・児童の『心理・精神状態の安定』について約5割の教員が、「安定していると思わない」(52.5%)と回答。『運動能力』については約8割が「十分に発達していない」(79.5%)と回答。

2.原因は生活習慣が乱れた子どもに“手を掛けすぎる母親”、“食生活の乱れ”!?(休み明け要注意)
~「起こさないと布団でグズグズ」28%、「言わないと朝食を食べない」 28%など~

3.脳の発育に必要な栄養含む魚介類は親が子に食べさせたい食材第2位(77%)。課題は摂取方法。
~おやつに栄養摂取の契機アリ。約3分の2が「ほとんど毎日」食べさせるものの、おやつによる栄養補給の意識は低い(6%)~

成田奈緒子先生コメント
「“かしこく”脳を発育するために、「朝風呂」と「DHA摂取」がおススメ!」

成田奈緒子先生

成田奈緒子先生

最近は発達のバランスが悪い子どもが増えており、子どもの「脳」(本能) の育ちの課題であると言われています。これを防ぐためには、こころや身体にも密接に関連する「脳の土台」を最初にしっかり育てることがなにより大切です。脳の土台は、「適度の刺激」、そして「必要な栄養素」、特に脳の発達を促すDHAの摂取が重要と考えられています。

本格的に新学期が始まるこの時期は心機一転、“かしこく”脳を発育するチャンス。日ごろの乱れた生活習慣を整えるため、朝のリズムを作る「朝風呂」で本能を刺激したり、おやつも含めた栄養摂取を考えて、子どもの脳の発達を促し、記憶力、集中力、読解力や睡眠を改善させる働きもあるとされる「DHA」摂取を心掛けましょう。


■調査設計(教員向け調査)
・調査対象:日本国内に居住し、3歳以上の園児から小学校3年生までの児童の教員
・調査時期:2014年6月
・調査方法:インターネット調査
・調査内容:園児・児童の生活習慣と食  /  以前の園児・児童との心身発育 比較    など
・有効回答数:200サンプル

■調査設計(母親向け調査)
・調査対象:日本国内に居住し、3歳以上の園児から小学校3年生までの子どもをもつ母親
・調査時期:2014年6月
・調査方法:インターネット調査
・調査内容:子どもの生活習慣と食  / 最近の子どもの生活変化  / 子どもへの接し方  など
・有効回答数:200サンプル

Scroll To Top