ホーム / Business / 教育 / 日本サッカーを強くする草の根の教育者 ファンルーツ代表 平野淳

日本サッカーを強くする草の根の教育者 ファンルーツ代表 平野淳

株式会社ファンルーツ 代表取締役 平野淳氏

「サッカー強豪国には必ず幅広い底辺がある」

プロを目指す普通のサッカー少年だった平野氏に転機が訪れたのは大学時代だという。「イングランドでの指導者養成コースに参加して感じたのは、パブで語るおじさんや子供たちに至るまで本当にサッカー好きなことでした。草の根の大切さというか、力強さを感じましたね」。
イングランドでのコーチ資格取得後帰国した平野氏は、ジェフ市原にスタッフとして加わり、祖母井秀隆氏と知り合う。弱小時代のジェフのGMに就任し、オシム氏を監督に据えるなどチームを強化、07年からはフランスの2部リーグ、グルノーブル・フット38のGMとなった人物である。祖母井氏は指導法での伝 統があるドイツ留学を強く平野氏に勧めたという。「ケルン市のクラブで10歳くらいの小学生の指導にあたりました。ドイツ語もゼロからだったので苦労しましたよ(笑)」。この経験が平野氏の人生を決めることとなる。

帰国した平野氏はFC東京に指導者として参加、次世代を担う選手の育成にあたった。しかし、平野氏の視線の先はすでにもっと草の根にあった。「選手の育成だけでなく、もっと小さい子供たちにサッカーの本当の楽しさを伝える場を作りたいと思い続けていました」。しかし既存の組織の中では新しいプログラムを作成して運営することは難しい。2003年、平野氏は株式会社ファンルーツを立ち上げた。
エリートである選ばれた子供の指導にかかわりたいという人は多い。平野氏はもっと草の根の、子供の育成にかかわりたいと考えた。「日本でもヨーロッパでもエリートと呼ばれるような子は、小さい頃にいかに運動をしたか、どのような経験をしたか、そういった底辺の部分が違うと感じていました。しかし当時日本のサッカー教育にはその視点がありませんでした」。

ゼロ歳から小学生までの教育に焦点

イギリス、オランダなどヨーロッパ各国大使館の協賛を受けてスタートした、キッズインターナショナルサッカー パーク(KISP)と名付けられたスクールでは、平野氏がヨーロッパで感じた国際交流の素晴らしさを伝えたいと、子供の国籍に合わせて英語やオランダ語などが自由に飛び交う。非常に多国籍だ。子供たちもサッカーを通じて自然にその状況になじんでいく。子供の柔軟性のなせる技だと平野氏は言う。「横浜F・マリノスで高校生クラスを教えていた時にも15歳を過ぎるとかなり自我が強くなると感じました。自我が固まる前の子供たちは働きかけるほどに変わっていきます。特にゼロ歳から小学生までの教育にしっかりフォーカスしていきたいですね」。

子供は小さな大人ではない

指導にあたって、平野氏は「コーチは教育者であって、子供をよく観察しきちんと向き合うことが何よりも大切」とのポリシーを徹底させた。「毎週会うコーチに子供が本当に信頼して心を開くのは、年にほんの数秒。その時にしっかり向き合うことが大切だと思っています」。だからこそ他の指導者たちにも厳しい。「コーチに求めるレベルも他と比べて非常に高いと思います。サッカーを教えるだけならファンルーツでなくてもいい。深 い観察力で子供たちに向き合って信頼関係を構築する、そしてたまたまサッカーの技術もプロフェッショナルだ、ということです」。
もう一つ平野氏が思っていることがある。「子供は小さな大人ではありません。子供には子供のスピード、時間がある。大人社会の効率性、スピードを押し付けられていますよね。いつも早くと堰き立てられてスケジ ュールに追われている子が非常に多い気がします」。指導者として「子供の時間」の中でゆっくりと構え、適切な時に適切な指示を出すというスタンスを守っている。「子供の可能性を広げるということは、子供たち独自の発想力を引き出し、子供たちの本質を引き出すことだと思います」。

2008年フランス遠征でのひとコマ。サッカーの本格始動ももちろん平野氏の領域だ。提供(株)ファンルーツ

「親を見て子供は不安に感じている」

実際にスクールの場にいると、子供たちが週に1度しか会わないコーチたちに心を開こうとする様子が、その会話や 表情、行動に時折垣間見える。それをきちんと正面から受け止めて、時には体当たりのスキンシップで、時には真顔でコミュニケーションをとるコーチ。子供のコーチへの信頼感がこうして結ばれていくことがよくわかる。「親世代もこの経済環境で不安だしストレスを溜めているし忙しい。子供たちはその大人たちを見て非常に不安に感じていると思いますね」。だからこそ子供が心を開く瞬間をきちんと捉えてしっかりと寄り添う。その時、子供の不安はきっと少し解消されているに違いない。サッカーの指導者だが、本当の教育者である。当初少人数で始めたスクールも子供1200人、コーチ25人を抱えるまでに成長した。経営の面を考えるとある程度の規模は必要だが、これ以上広げるつも りはない。理念が行きわたりづらいというジレンマも生まれるのだ。「子供たちの状況をきちんと把握してしっかり向き合うというところを外れてはファンルーツの存在意義がありません。入会したいけどなかなか入れない、そのくらいの規模で十分だと思っています」。

どの指導者もサッカーと教育のプロフェッショナル。「すべてのスタッフが常に理想を共有しています」。どの顔 FUNで溢れている

日本サッカーの未来と、「遠い夢」

平野氏らファンルーツのスタッフは確かにサッカー指導のプロフェッショナルである。しかしサッカーエリートを育てるだけのことは考えていない。「サッカーを通じて子供たちと様々な経験をする、ということをやっています。今の子が成長して世の中で活躍するようになった時、日本サッカー界に還元されるといいですね。例えば英国のプレミアリーグのオーナーは大抵全く違う分野の人です。ただサッカーが大好きだから自分の稼 ぎをサッカーに還元しようとスポンサーになって、それがクラブを成り立たせている。日本でも子供たちがいろんな経験をしてサッカーが頭の片隅にあって、大 人になってサッカーに還元する、そうなれば嬉しいですよね」。視線の先は日本サッカー界の未来へも届いていた。「日本が本当の意味で世界の強豪国となるためにはこのような草の根の土壌が豊かになることが不可欠だと思います」。

いつか遠い夢だけれども、と前置きして平野氏は語った。「幼稚園をつくりたいんです。どこかの町の、普通の幼稚園。その園庭が芝生のグラウンドになっていて、木で囲まれていて、芝生の庭で子供たちがサッカーをしている。小学生になるとサッカークラブがあって、いつでも幼稚園に戻って来られて、先生たちがずっと見守って声をかけて話を聞いてあげられる場。子供たちが元気に生き生きする場を作りたいですね。何か悩んだ時には幼稚園の先生たちが正面から向き合って『お前何やってんだよ~』なんて言いながら笑い合えて。そんな小さなコミュニティのある幼稚園をつくるのが夢です」。
全然「普通」ではない。そんな幼稚園で育った子供たちが大人になった頃には世界がちょっと平和になる、そんな気さえする。目線の先はいつも「子供の心」。プロの育成やエリート選手の育成ではない。それが草の根。ファンルーツ。サッカーを軸に子供の心と向き合い続ける平野氏とファンルーツのポリシーがどのように具現化していくのか、将来の日本サッカー界の姿とともに希望を持って見守りたい。


株式会社ファンルーツ
東京都中央区八重洲1-7-4
TEL 03-3272-5761
www.funroots.net

撮影:t.SAKUMA 文:羽田祥子(編集部)

Scroll To Top