ホーム / Business / 経済 / イマドキ女子の恋するマーケティング論 『午前0時過ぎのシンデレラ』
イマドキ女子の恋するマーケティング論 『午前0時過ぎのシンデレラ』

~VOL.11~ 「増贅女子」ぞうしょくちう。

イマドキ女子の恋するマーケティング論 『午前0時過ぎのシンデレラ』

あれか3ヵ月と強――。
チッチッチーン「2014年4月1日午前0時00分です。消費税率8%ワールドへようこそ」。
この瞬間を彼女は24時間営業のスーパーのレジ行列の中で迎えた。同店では午前0時ちょうどに会計システムの適用税率を自動切り替え。わずかな時間差で客の明暗は分かれる形となった。
「次が私の番だったのに……。前にいたギリギリセーフおじさん、シタリ顔だったなぁ」
残業帰りの疲れた体に鞭打って、5%のうちに!と買いだめをした、もとい、するはずだった商品がたんまりと入ったスーパー袋をぶら下げながら、トボトボ歩く。「増税分、心なしか重く感じるぜ」とぼやきながら、自宅マンション前に到着したその瞬間、彼女は前方からの眩い光線に目をくらませた。ライトダウンからしばし後、視野が戻った彼女の前に現れたのは、宵闇に輝く純白のリムジン!運転手がドアを開けるとともに、ピンヒールで消費税率8%ワールドへと優雅に降り立った、午前0時過ぎのシンデレラの正体とは!?

増税でも増贅!女子

 シンデレラの正体はいたって平凡なOLのKちゃん(26歳/金融関係・一般事務)。そんな彼女が今宵、姫化した理由は、銀座のラグジュアリーなダイニングバーで開催された「セレブ女子会」にある。リムジン送迎、ドレス&メイクアップサービス、ゴージャスな食事と、さながら気分は海外セレブ!会費は一人1万5千円とお高めだが、女子たちの間では近頃人気が高まっている。
12 しかーし、世は増税による欲ダイエットの真っ只中。あるインターネット調査においても、「消費税率が8%に引き上げられて以降、どの程度節約するか」という質問に対しては、68%が節約すると回答(「大幅に節約する」22%と「やや節約する」46%の合計)<図1>。具体的な節約内容として、上位には「日々の食費・飲食費」69%、「外食・飲み会費」66%、「洋服・ファッション雑貨費」63.5%が挙がる<図2>。
増税後、日々の生活費を切り詰める傾向が高まる中で、セレブ女子会に参加し、贅沢を増す〝増贅〟女子。彼女たちは「若いうちの楽しみには幾らでも身銭を切ってやるぅ!!」と開き直っているのだろうか……。晩婚化が進み、経済的にも自立した女性が増えた昨今ではそうした勇ましい気概をもつ男勝り女子もいるだろうが、大方はそういうわけではなさそうだ。Kちゃんを例に増贅女子のライフスタンスを見てみることにしよう。


文|松永理佐(編集部)

Scroll To Top