ホーム / Business / 経済 / イマドキ女子の恋するマーケティング論×ACE~プロテカ「ラグーナライト」開発女子に会いにゆく~
イマドキ女子の恋するマーケティング論×ACE~プロテカ「ラグーナライト」開発女子に会いにゆく~

Heart Of Women

イマドキ女子の恋するマーケティング論×ACE~プロテカ「ラグーナライト」開発女子に会いにゆく~

「えー、本日はお日柄も良く、晴れて……」という仕切り役の言葉を朗らかな表情で受け止めるYちゃんの傍らには、伴侶が。その魅力的なシルエットをチラ見、を通り越してガン見する女子友たちの瞳はジェラシー色に怪輝している。ふと、そんな女視線に気づいたYちゃん、誇らしげな笑みを浮かべて口を開いた。「かわいいでしょう? 小指で持ち上げられちゃうんだよ!」……えぇ!? ダンナさん軽っ!! と驚くことなかれ。伴侶といっても、人生の(即ちダンナさま)ではなく、旅のパートナー「スーツケース」のこと。
 えー、本日はお日柄も良く、晴れて、絶好の女子旅日和~! というわけで、4泊5日の「姫様シンガポールツアー」へ参加するため空港に集った女子友5人組。「チリクラブにぃ、エッグタルトにぃ」「エステ! スパ!」「モール巡りで買い物ざんまい」「……マーライオン」と、出発前からエンジン全開女子トークを繰り広げ、休む間もなく口を動かし続けながらも、各々の女視線はさりげな~く他の女子友たちの持ち物&スタイルチェックを、空港の手荷物検査よりもひと足早く開始。その結果、見事に女子友全員のレーダーにピピピと引っかかったアイテムが、Yちゃんに寄り添うマーメイドピンクの愛らしいスーツケースだったのである。

プロテカ『ラグーナライト』(マーメイドピンク)

プロテカ『ラグーナライト』(マーメイドピンク)

 それこそが、女心を捉えたデザインと機能性を備え、年間2万本売れると大ヒットといわれるスーツケース市場で、2012年の発売以来5万本を超える売り上げを誇る「プロテカ『ラグーナライト』」だ。スーツケース界にジョシノベーションを起こした同品の開発者は我らが女子! 今回はエース株式会社の久世温子さん(デザイナー)と横田地弥生さん(マーケティング担当)とともに、ヒット商品開発の舞台裏を覗いてみよう。


kuze

MD本部 商品企画部

デザイナー

久世温子 さん

 

 

yoko

マーケティング部 PR・広報担当

サブマネージャー

横田地弥生 さん

 

 

 

 

文|松永理佐(編集部)

Scroll To Top