ホーム / Business / 環境 / 世界一の水輸入国は日本だった…!

世界一の水輸入国は日本だった…!

食品別仮想水

食品別仮想水

小麦1トンの生産に2000トンの水が必要

 水の輸入、と聞くと、ペットボトルに詰められた飲料水が箱詰めになってコンテナ船で送られてくる様子を想像するかもしれない。「水」はイコール飲み水、と捉えられることが多いが、実は飲料水は1人当たり1日せいぜい2~3リットルで十分だ。これに対し、日本では洗濯や炊事などの生活用水にその100倍の200~300リットルの水を使っている。さらに驚きなのは、私たちの生命を支える食料生産に必要な水は、2000~3000リットルと飲料水の1000倍にものぼるという。
 1990年代、ロンドン大学名誉教授のアンソニー・アラン氏が小麦1トンを生産するためには約1000トンもの水が必要なので、水不足に苦しむ中東の国々にとって穀物の輸入は、その分国内の水資源を使わずに済むという視点から、水を輸入しているようなものだ、として、これを「バーチャル・ウォーター貿易」と呼んだ。この概念をさらに深め、農作物から工業製品まであらゆるものにどのくらいの水が使われているかを研究してきた第一人者が東京大学の沖大幹教授である。

水と食料の密接な関係

 バーチャル・ウォーターは「食料生産に大量の水が使われているということを理解してもらうために使う指標」であると沖教授は言う。
 例えば一つのハンバーガーに使われる水は1000リットル。牛丼には2000リットル必要である。
「牛が飲む水や厩舎を洗浄する水など以外に、飼料である穀物が育つのにも多くの水が必要です。その穀物を牛が食べて最終的に肉となります。各プロセスで必要となる水の量を計算してみると、牛肉1トンで2万600トンの水が必要という計算になります。牛は食べてもあまり太らないので、肉として売られるまでにたくさんの飼料を食べさせなければなりませんが、豚肉なら1トンあたり5900トン、鶏肉なら4500トンで済みます。この差が価格にも反映されているわけです」。
 食料自給率が40パーセントを切る日本では、輸入に頼らざるを得ない。輸出分を差し引いたネットでの仮想水輸入量は世界一である。元々日本は、人口が多い割には耕地に適した平地が少ないため、必要量を国内で成育しきれないという地理上の制約が大きい。このため、水資源そのものが乏しいということではないが、結果として外国からの大量のバーチャル・ウォーターを輸入していることになる。
「日本の水資源を考える時、世界に大きく依存しているというのは確かでしょう。持続可能な国家として日本の将来を考えれば、国内の水資源だけを見ていてはいけません。水不足は食料危機と密接にかかわっています。水不足は価格高騰という形で我々の生活に影響を及ぼします」。
 2008年に起きたオーストラリアでの干ばつが、日本の大豆や小麦の価格高騰につながり、パンや麺などの物価が上昇したことは記憶に新しいだろう。

沖 大幹 氏

沖 大幹 氏

節水の是非を問う

 水輸入大国・日本。では我々は「節水」をしなければならないのか。
「節水をしたからといって、水不足のところへ運んであげられるか。現実的には難しいでしょう。だったら水が豊富な地域ではたくさん水を使った方が有意義であると僕は思います。同じトウモロコシでも、たくさん雨が降るところで育てるのと、雨が少ない地域で無理に地下水を汲み上げて育てるのでは、環境への負荷が大きく違います。それに、水で手を洗うだけで疫病は激減しますからね。水をたくさん使うのは悪だ、というのは一概には言えないと思いますね」。
 適地適作が理論上、全体最適であることは明らかである。しかし今後、国際社会は大きな紛争なく、経済合理的な行動を堅持できるのだろうか。楽観してばかりではいられない気がする。


沖大幹(おき・たいかん)
東京大学生産技術研究所教授
1964年東京生まれ。1989年東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻修士課程修了。主な著書に『水の知―自然と人と社会をめぐる14の視点』(化学同人)東京大学「水の知」(サントリー) 編(監修)『日本人が知らない巨大市場 水ビジネスに挑む ~本の技術が世界に飛び出す!』(技術評論社、共著)ほか多数。

Scroll To Top